SUTOKARUすとかる(ストレートパーマ)

◎すとかるとは?

すとかるとは髪の中間と根元は縮毛矯正を、毛先はカールというメニューです。
縮毛矯正だけでは髪がストレートになりすぎ、固い感じになりますが、「すとかる」の場合は巻いてもいいですし、そのままブローしても毛先にカールがしやすいメニューです。

すとかる 施術工程

1.カウンセリング

お客様の髪の状態を確認します。カラーやパーマなどによるダメージ度を把握し、ヘアスタイルとケミカル(髪に合う薬剤)の選択から、お客様の求めるデザインをご提供します。

2.毛髪診断

毛髪診断です。髪が吸水性・撥水性、軟毛・硬毛かをここで判断します。お客様によりハイダメージの場合に関しましては、髪を保護しながら適切な処理を行います。

3.シャンプー

お客様のパーマやカラーヘアから発生する酸化や汚れを洗い流して、トリートメント効果の出やすいコンディションにします。

4.前処理

髪の傷んでいる毛先部分に、髪に不足しているタンパク質を塗布します。これにより毛先から根元までが均一に薬剤が浸透し、お客様が求めるヘアデザインが得られ、パーマの持続性も同時に高まります。

5.ルカハード塗布(縮毛矯正部分)

髪の中間から根元の傷みが無い部分に、髪のタンパク質を補いながら、穏やかに髪の芯まで薬液を浸透させて、髪の傷みを最小限に抑えたストレートの土台を作ります。

6.毛先をのばす

髪の毛先の傷んでいる部分のパーマはかかり易い為、中間部分よりも髪にソフトな薬液を使用します。この部分はカールで髪に動きを与えます。

7.軟化チェック

髪の中間から毛先のかかりを軟化チェックしていきます。軟化チェックとは、薬剤の浸透具合を確認することで、これによりパーマの強弱が決定します。

8.中間水洗い

弱めの水圧で水洗をして、全体をよく濯ぐことで、次のアイロンとカールでの負担をかけないように、トリートメント剤を十分に髪に浸透させます。

9.中間処理剤塗布

ドライ前に毛先の傷んだ部分に、髪をアイロンカールの仕上がりを良くするミスト剤を塗布していきます。

10.アイロンプレス

アイロンを施す部分に保護オイルを塗布し、中間から根元はストレートのアイロンプレス、毛先は「すとかる」専用のカールアイロンで巻いていきます。

11.2液塗布

アシッドトリートメントを塗布した後、全体に2液を塗布していきます。毛先はロッドやピンカールで巻いていきます。

12.ナチュラルドライ

ロードライの仕方は、指で毛先を巻き込みカールを作ります。仕上げの感じがカーラーで巻いたような質感に簡単に自分で出来るのが「すとかる」の特徴です。

13.ホームスタイリング

ご家庭でもお手入れを短時間で簡単に仕上げたい方には、マジックカーラーをオススメします。

すとかるとは簡単にボリュームが出せる縮毛矯正です。

すとかるのメリット

  • 縮毛矯正とパーマ(大きくフワリ)をかけたい方向けです。
  • 巻いてもナチュラルに手入れが簡単です。
  • 縮毛矯正やヘアカラーで傷んだ髪の人に向いています。
  • ただし、薬剤の軟化やデジタルパーマの放置は通常の半分でいいです。

すとかる+デジタルパーマのデメリット

  • 傷んだ髪の方には、薬剤やデジタルパーマの放置タイムをオーバーすると、チリチリになって手におえなくなります。
  • ケミカル(薬剤)やデジタルで熱を加えることで、傷みがハードになることがあるので、美容師の経験やケミカルの知識が必要です。
マンスリークーポン
ネット予約