美容師のロング(初級編)バックシニヨン

2015.10.31

シンプルイズベスト

一番はじめにロングのベーシックな髪型は「バックシニヨン」。
ポニーテールもよい練習になりますが、

まずはゴムで止めやすいダウンですので、
コームやブラシでしやすいので美容師さんのタマゴには、

レッスンには適しています。
ある程度できたらポニーテールに進むとよいでしょう。

目次

1.シンプルなシニヨンスタイル(ベーシック風)

2.シンプルなシニヨンスタイル(カール風)

3.バックシニヨン(捻り)

5.まとめ


シンプルなシニヨンスタイル(ベーシック風)


ナチュラルな髪型

初めてアップヘアに入る美容師さんの入門編の髪型です。
今回はサイドに三つ編みをつくりましたが、

ロープ網などでアクセントに作るシニヨンでもOKです。
シニヨンを覚えるとブロックのとりかたによって幅が広がります。

レングスが短い場合などはボンのクボから中央に分けて、
オリジナルに工夫するとアップヘアの幅が広がります。

シンプルなシニヨンスタイル(ベーシック風)画像

シンプルなシニヨンスタイル(カール風)


ベーシックなシニヨンは楕円形にまとめるのが一般的ですが、
毛束をねじりあげたり広げて動きを表現するのもよいでしょう。

細かくわけとりねじりをだして遊ばせるのもグット。
毛先に細目めのカーラーなどつかっても面白い雰囲気がでてきます。

シンプルなシニヨンスタイル(カール風)画像

バックシニヨン(捻り)


髪をバックに結ぶバックシニヨンですが、
両サイドは片三つ編みロープ網などで変化をつけるのもよいでしょう。

はじめはキッチリ結んで慣れてきたら、
緩ませるてやわらかさを表現しましょう。

バックシニヨン(捻り)画像

まとめ


バックシニヨンのベーシックをマスターしたら、
今度はいろいろ自分の頭で考え工夫しましょう。

マスターできれば洋装や和装のいずれも幅ができ、
ロングセットもむずかしいものにはならないようです。

ヘアサロンウェーブ流山店は美容情報をブログでご紹介します。

マンスリークーポン
ネット予約