メンズパーマの巻き方の種類

サポート巻は単調な直線的な流れしか出てこない

1.スライス幅や円錐ロッドやスポンジロッドを使用 2.細かな質感とナチュラル感はねじりピンパーマ

メンズヘアは短い人が多くパーマのクルクル感を嫌う人が多い。
そんな場合はスライス幅を多めに取ったり、薬剤のタイプや水巻などを施します。
ロッドで調整する場合にはスポンジや円錐ロッドなどでナチュラル感を表現します。

1.スライス幅や円錐ロッドやスポンジロッドを使用

ワインディングはサポート巻きの場合はリーゼントなど直線的なウェーブヘアなので、
メンズの主な軽さや動きを表現するデザインに向いていません。そのためスライス幅を広く取ったりして、
パーマのクルクル感をださないような、動きのある表現がとくにショートであるメンズが多い。

円錐ロッドは根元はすこし強く毛先は弱めのカール状にかかります。
スポンジは弾力性を利用し円周がアバウトになって、弱めにかかルーズなカール感が求めらます。
メンズヘアはレディスのかかりと同様にヘアデザインをベースにかかることが求められます。

ハードにかける場合はパーマが取れやい人や、ハードなソフトカーリーなどあえて強くする場合に限ります。
強いとどうしてもヘアデザインが崩れてしまうからです。

2.細かな質感とナチュラル感はねじりピンパーマ

ショートヘアでルーズな質感にする場合はねじりピンパーマを使います。
2回転半毛束をねじることでピンパーマ特有の細かな質感を小さくできる。
回転数が多いと細かくクリクリとして感じが出てしまい、目的のクセ毛風な感じに仕上がりません。

また、ピンパーマとロッドを組み合わせることで、ナチュラル感が増しデザインに幅が出てきます。
シザーによる削ぎもパーマには重要で、メンズのヘアデザインでも前下がりか前上がりかによって、
削ぎの角度や入れる量を調整する。

メンズパーマの施術の注意

●毛髪の状態をみて水巻でワインディングする。とくに毛染めをしている場合は水巻が良い。
●メンズパーマはスライス幅を軽さや動きによって調整する。
●テンションは引っ張らく手もパーマがかかる。強いテンションによって髪にゴムのあとも付くので注意しましょう。

●白髪のある大人世代は毛髪内細胞に脂質分が多くなり、かかりずらくなるので薬剤や放置時間で対応しましょう。
●削ぎはパーマのウィークポイントですが、削ぎすぎはダメージの要因にもなる。