マックナルドのメニュー戦略

2015.08.13

野菜を多く素材を使用しています

マックは中国の素材のあつかいかたや衛生問題で人気を失っていましたが、
そのころから日本でも衛生問題があったのも事実です。

詳細は話せませんが長い目でみれば良かったことかも・・・
マックは「野菜を多く入れた」「個性を重視した」「飲料やサブの強化」など、

マクドナルドのメニュー戦略画像

独自のメニューを打ち出しています。
アボガドや朝の野菜を入れたメニューや、夏の暑い時期にシェークやアイスなども、
価格を迎えてお客さまの増加を考えています。

マックアボガドバーガー画像

マックホームページ参照

「アボガドビーフ」

もっちり食感のチャバタに、100%ビーフパティとたっぷりのアボカドをサンド。
香ばしくグリルしたスモーキーなフレーバーの厚切りベーコンと、

タマネギのみじん切りを合わせて、
わさびソースで味付けました。つんと鼻に抜けるわさびの風味と、
ジューシーなビーフの旨みは、クリーミーなアボカドと相性抜群です。

ボリュームもアボガドとビーフのボリューム感がウリのバーガーです。


「アボガドエビ」
もっちり食感のチャバタに、
えびのむき身をふんだんに使ったサクサクのえびかつとたっぷりのアボカドをサンド。

チリペッパー、コリアンダーリーフ、
ブラックペッパーなど7種類のスパイスをブレンドしたスパイシーな、

コブサラダソースで味付けました。えびとアボカドという、人気の組み合わせをお楽しみください。
日本人に合わせてもっちり感がきいたパンと、

他社のバーガーであたった日本人好みを合わせてバーガー。
かなり研究している様子がうかがえます。


「アボガドべジダブルチキン」

2015年5月にデビューしたベジタブルチキンバーガーのパティとアボカドをあわせた
、野菜の彩りがうれしい新メニューです。

ニンジン、えだまめ、コーンを練りこんでグリルで焼いたチキンパティを、
栄養たっぷりのアボカドと合わせてチャバタでサンド。トマト、

パプリカ、タマネギなどの野菜を使い、レモンで仕上げた特製ベジタブルソースで味付けました。
チキンにベジタブルソースは日本人に合わせた味ですね、

一度たべたらまたほしくなる一品です。


味も良くなってきています。お客さま本位のメニューに変化しつつあります。
私も朝マックで利用させて頂きました。

マンスリークーポン
ネット予約