ヘアスタイル

ご希望のヘアスタイルをリクエストしてください

ヘアサロンウェーブにご来店のお客様の施術後の写真をアップしております。
お客様が求めていたメニュー別に、カット、パーマ、ヘアカラー、ヘアセットまで参考にして頂ければ幸いです。

STYLE 01

長いロングヘアから思い切ったスタイルチェンジを希望。
メニュー内容はパーマ(ラミダスカール)、アルーリア寒色系のグレー、ハイライトで指クシで仕上げが簡単なヘアデザインポイント。
<千葉市花見川区:佐藤様cut+perm+color/三上クニトシ>

ヘアスタイル

①重めベースのボブにグラデションを入れ、中間毛から削ぎを入れ、毛先は先が細くなるようカット。
シルバー色をベースにハイライトを入れた、おしゃれでラフなヘアデザインです。

ヘアスタイル

②システイアミンの2%を塗布し、中間水洗を行い持ちのよいカールを実現。

STYLE 02

いま、大注目のインナーカラーは20代~30代までのデザインカラー!
デザインカラーの全てに言えることですが、ブリーチの削りが全てといっていいです!

ヘアスタイル

①ブリーチはヘアデザインによって入れる部位に、へアスタイルも活きるわけで、入れるだけのブリーチではなく、スタイルや好みにあった部位にブリーチを入れる。

ヘアスタイル

②オンカラーは暖色(オレンジ・ピンク・パープル)がおすすめ、暖色(ブルー・ベージュ・グリーン)は透明感も高く、ブリーチ回数などリフトアップに時間がかかります。

STYLE 03

ハイトーンカラーはブリーチ力を均一に削ることがキーワードです。
オンカラーの選ぶ方としては暖色系の色は入りやすく失敗が少ないですが、寒色毛の透明感のある色は染料や色によって発色がしずらいにが特性です。
<cut:ワンレングス/double-color:角田久美子>

ヘアスタイル

①ピンク系の色はもっともポピュラーで色も鮮やかで染まりも良い色合いです。
ピラミンゴカラー&コレストンプラス(アルカリ染料)で鮮やかに発色させます。

ヘアスタイル

②インナーカラーの発色の色味を発色させるには、ベース色の選択をグレイ(灰色)に透明感のあるグリーンでマニックパニックを使用します。

STYLE 04

寒色ベースのパーマの毛先のカールを活かしたロングヘアです。
ハイライトは明度の高さとベースの陰陽感の他に、明度&彩度によって表現する色がキーワードです。
デザインカラーが活きる配色レシピをご紹介。
<流山市三輪野山 錦織様:cut+perm+color/三上クニトシ>

ヘアスタイル

①ビフォーアフター画像で左側が褐色で黄みが出てきたもので、右側が濃いブルー系を使い、グレージュー風な質感に仕上げています。
お客さまから染めた後の褐色が“気になる人が多く”補色や黄みを消し、褐色後も楽しめる色です。

ヘアスタイル

②暖色系のデザインカラーを組み合わせる場合には、同系色が望ましくベースがラズベリーピンクに、ハイライトは10レベルの明るさに、彩度色は同様にピンクに色を入れています。
ブリーチ後のベースは5-6レベルを使用し、ハイライトはホイルワークの10レベル。

STYLE 05

秋~冬にかけてのトレンドヘアです。ボブ風のヘアデザインはラウンドグラデションベースに、毛先を軽くチップカット!右側は硬毛の人は削ぎを入れ毛先をカール(パーマ)を施し、クセ毛の人はノンパーマでOKです。
<秋・冬のボブヘア/ボブ&ミディアム>

ヘアスタイル

①正確なグラデーションと毛先の削ぎ軽さと動きを表すボブベースの軽さをと動きを出すには、根元は一定の重みと中間から毛先にかけてのチップカットを施します。
硬い髪にはカールを色はグレージュー系を入れます。

ヘアスタイル

②女性らしいフェミニンなライン。若い世代~大人世代まで幅広く使えるラウンドとレイヤーのミックスです。
コンサバ風でありながらトレンドを感じるヘアスタイルです。

STYLE 06

鬼滅の刃の大ヒットに若い世代を中心にブリーチオンカラーがこだわりのある人たちが、アニメの主人公に真似て、鮮やかな色彩(グリーン・ブルー・ピンク・etc…)透明感のある色はブリーチと染料が全て!
※時間がかかるメニューなので余裕みてください。
<color(施術時間3時間以上)/三上クニトシ>

ヘアスタイル

①ピンクやオレンジのような暖色系は、ブリーチの削り具合が多少メラニンが残留しても発色可能ですが、それでも黒髪の場合は最低でも2回のブリーチ回数が必要で、髪量や毛髪によって、ブリーチの量や追いブリーチ(重ね塗り)が必要です。

ヘアスタイル

②寒色系の色はブリーチの削りが結果に大きく影響します。ブリーチは3回は覚悟する必要があり、ブルーやグリーンなどホワイトに近い色は、鮮やかさはブリーチの削り具合で結果が変わります。当サロンでは鮮やかさが際立つ染料をオンカラーで使用します。

STYLE 07

外国人風のフレンチショート、おしゃれな女子に大変身。
寒色系にややオレンジ味のある配色、ツヤ感がキレイな輝きが強調されるヘアです。
スタイルチェンジやイメージアップを、狙ったショートスタイルです。
<流山市 市原様:cut+color/角田久美子>

ヘアスタイル

①トップに長さを残しながら、しっかり切り込み、毛束感を出しやすく仕上げます。
キュートなイメージに与えるため、顔回りや後ろの毛先は軽さ&動きによって、ショートでもフェミニンなラインを演出。

ヘアスタイル

②輝きのあるグレジューに甘みをプラスした配色で、明るいトーンがモデルにピッタリ!
髪質の状態もグットコンデションで艶感アップ!

STYLE 08

ヘアスタイルをご来店ことに変え、イメージチェンジをしている羽原様。
アシンメトリー-前下がり-そしていまのシンプルボブのヘアデザインです。
ヘアカラーは季節の変わり目は、夏と冬にかけてヘアカラーの彩度を変えています。
<船橋市 羽原様:cut+color/角田久美子>

ヘアスタイル

①シンプルボブのヘアデザインに、えりあしをスッキリしボブで他の部分は、一定の重さを残すことでヘアバランスを整え、どこからみても美しいシルエットがポイントです。

ヘアスタイル

②グレーヘアカラー(白髪)の明るい色でおしゃれ染めと変わらぬ彩度&明度と変わないイルミナヘアカラーのシャドウをプラスすることで、グレーヘアカラー特有の不自然さをなくし、鮮やかさを表現します。

STYLE 09

STYLE 02ボブから安田成美さんのようなヘアスタイルに変身の羽原様。
前髪は短めのギザギザにカットしてインパクトのあるヘアスタイルに!
ミルボンの新色のフォギーカラー(灰色)は薄く濃いブラウンはトレンドです。
<船橋市羽原様:cut+color/角田久美>

ヘアスタイル

アシンメトリーヘアがベースのグラデションボブでシルエットがキーポイントです。
前髪は短くトップ部位は根本からしっかり、サイドからバックな毛先にカールの質感を表現します。

ヘアスタイル

パーマ剤はダメージが少ないタイプで、水巻でロッドでかけることでピュアにしなやかなかかり具合を演出します。
ミルボンのオルディーブラインを使用し、サイドにスライシングのレッドをプラスしました。

STYLE 10

バレイヤージュとはホウキで掃くという意味です。
白いキャンパスを髪にたとえハケでダイレクトにブリーチしハイライト効果。
<ヘアカラー:バレイヤージュ> 1本から自由に1000円~

ヘアスタイル

バレイヤージュはホイルワークとはちがい髪の表面に色を入れていきます。
ホイルワークとはちがい持ちのよいヘアカラーテクニックです。
自分の思った部分にダイレクトにハケを塗布できるため、絵を書くように自由な発想でき費用もリーズナブルです。

ヘアスタイル

画像の色味はベージュベースに髪の表面にハイライトを入れ動きと軽さをプラス。
ローライトを使い陰陽を表現したり、ホイルワークとのミックスも可能です。
ホイルワークは幾何学的に、バレイヤージュはグラデションが容易に作れ、髪がのびても持続性があります。

STYLE 11

韓国の女性アイドルグループのような染めっぱなしブリーチがトレンド!
調整もオブラート程度に軽く金髪系の高明度のヘアカラーが一目をひくヘアスタイルに、ショートヘアの短い感じからすこしフェミニンなヘアまで幅広い。
<ハイトーンカラー:ブリーチオンカラー/18,700円(税込)>

ヘアスタイル

①アバンギャルド風で強いインパクトのある刈り上げショートは、ヘアスタイルでけでも印象的なイメージですが、そこにシルエットバランスが表現することで、ファッショントレンドに先頭に立っている強さを感じます。

ヘアスタイル

②ブリーチオンカラーにベール感を出すには、寒色系の色をプラスすることで、ただの金髪ではないオレンジ味を消していき、毛髪のタイプを見極めて、ブリーチをできるだけ高明度に、レベルを17レベルくらいまで削るのがカギになります。

STYLE 12

日本人に合う寒色系ベースに、スライシング&インナーカラーをミックス。
ブリーチオンカラーにメラニンを削り、ホイルを組み合わせる複合的なカラー。
<初石:錦織様/hair:三上クニトシ>

ヘアスタイル

スライシング部分のホイル画像で、ベース後に陰陽感を表現するため、ベースの寒色系の色が映えるベージュー系をスライシングに使います。

ヘアスタイル

仕上がり画像でベースのグレージューに対して、12レベル前後のスライシングでトーン(明るさと彩度)を表現し、やわらかさの中にいまふうな色使いが印象的なフェミニンなカラーデザインです。
カットはトップに長めのレイヤーを入れ、重さが出る部位グラデーションはチップカットで軽さを!

STYLE 13

いまのヘアエクステの主流はシールエクステですね。軽く装着感がなく、髪のひっぱり感もなく自然です。
エクステを装着した感がなく、自然な仕上がりとシールで装着するため、外すの簡単でカール感もしやすいです。
<八潮 青井様:cut+extension/三上クニトシ>

ヘアスタイル

普段から巻髪をしている青井様です。巻髪もカール感も出やすく持ちの良さが気にいっています。
ストレートでもカールでも楽しめて、自然な装着感が何より魅力です。

ヘアスタイル

シールエクステは編込み式のように毛束がバラけることも少ないので、地毛とのバランスもよくシザーで、削ぐ量も編込み式に比べ少なく、ボリューム感も地毛との相性もいいのも人気の理由です。

STYLE 14

ブリーチオンカラーにハイライトの明るいホワイト。
メンズに人気が高いグレージュー(灰色)硬質な質感がカッコイイ!
<流山市 吉田様:cut+color/三上クニトシ>

ヘアスタイル

ブリーチオンカラーは19レベル近くまでリフトアップ。
今回のシルバー系(寒色)の場合は、15レベル前後ですと透明感が出ず、オレンジ味が残り色濁ってしまいます。明度を上げて髪質にあって染料を使う必要があります。

ヘアスタイル

ヘアデザインはオーバーはグラデーションで重みを出し、耳回りやえりあしをレイヤーで軽く、重さと軽さを交互に出すスタイルです。
シルバーベースを染めた後に、ハイライトで明度を上げてホワイトの色をホイルワークします。