HAIR TRENDヘアトレンド情報

デジタルパーマがかからない髪質とは

黒染めやタンパク質変性の髪質

A.黒染めやアルカリカラーを繰り返す.B.縮毛矯正を繰り返してるダメージ毛
素人目でキレイにかかりそうな感じでも、デジタルパーマがかからない場合があります。
毛髪を形成する(4つの内の)イオン結合が切れるとダメージにつながります。
ダメージ毛になってしまった毛髪はデジタルパーマがキレイにパーマがかかりません。

(特徴)
①黒染めやアルカリカラーを繰り返す
「コルテックス内部のタンパク質が流出」
ダメージ毛のレベルが上がるとキューティクルからタンパク質が流出してパーマがかかりません。軟化時にある程度のウェーブ感が出ても、加温して酸化しドライ後パーマのウェーブ感が出てきません。
毛髪のタンパク質が流出してしまい薬剤の作用が効かないためです。
カウンセリングで履歴を診断し髪に触れてお客さんに伝えましょう。

②縮毛矯正を繰り返してるダメージ毛
「熱によるタンパク変性によって過剰反応を起こす」
夏の暑い日に鉄板の上で生卵を割って、熱によって目玉焼きが出来上がります。
この状態とまったく同じ状態が毛髪に起きることを「タンパク質変性」と呼びます。
髪が硬くなって熱に過剰反応を起こしパーマがチリチリです。
ただし、パーマがかからないスライスを厚く、ロッドを太く、軟化時間を7-8分でかければチリチリにならずキレイなパーマがかかります。
*ただし加温タイムは普通の放置時間の半分以下にします。

タンパク変性 縮毛矯正

ミルボン ネオリシオ縮毛矯正

タンパク質を凝集させず髪の内部にタンパク質を残す

A.タンパクサンエンス意味  B.熱疑集を迎制する C.軟化時間を短縮・タンパク変性を迎える
一般的な縮毛矯正剤は毛髪に熱と還元剤を加えると、ストレート化することで、熱ダメージ(タンパク変性)が発生します。ネオリシオはタンパク質に熱と還元剤を加え、変性体を疑集体へと変化させる。従来のようなな熱と還元剤だけをタイプではなく、タンパク質から熱から髪を保護することが「ネオリシオ」の一番のポイントです。

タンパクサンエンス意味
従来の縮毛矯正はタンパク変性のような熱ダメージには根本的な薬剤はなかったのが現状でした。毛髪科学の分野ではなく、タンパク質サイエンス(科学)からナノレベル(10億分の1)の視点から研究からスタートした縮毛矯正剤です。微粒子が角質層から入ってタンパク質に直接作用しタンパク質に作用する意味です。

熱疑集を迎制する
従来の縮毛矯正剤は毛髪内のタンパク質まで流れ、ダメージ毛の原因になっていましたが、ミルボンはミルボン独自の「ソフトプロティン理論」を確立。凝集体を迎えるNAcグルコサミンを使いタンパク質を残留されることの発見しました。これによりダメージを迎えるまったく新しい縮毛矯正剤を発売しました。

軟化時間を短縮・タンパク変性を迎える
ネオリシオは従来品に比べ軟化時間が速くなりました。いままで25分~40分置いた放置タイムも、30分くらいの時間でお流しができるようです。ミルボンはクセ毛の強い人は15分と明記していますが、実際の軟化時間は15分(クセの強い人)では軟化が甘くなります。速くなる軟化理由はアルカリ度やphが高くなったのはではなく、ナノレベルの微粒子がキューティクルの作用が改善されたことが理由のようです。縮毛矯正の後の髪が硬くなる現象も、熱のダメージを迎えるのでやわらか仕上げが可能です。よくあるカラー剤沈むこともタンパク質を疑集体に変わることで、従来のカラーの色沈みを軽減したようです。

軟化時間を短縮・タンパク変性を迎える

発売されたばかりなので見本で確認できるようです
ミルボンでは発売されてばかりなのでディラーさんに声をかければ、サンプルをいただけるようです。実際使用しましたが毛触りが良く、色の沈み込みや、やわらかく仕上がるようです。

ミルボン ネオリシオ 熱疑集を迎制する
1 2 3 4 5 6 7 8
マンスリークーポン
ネット予約