増えている薄毛に悩む女性たち

2015.06.26

35才から衰える頭皮組織

衰える原因はストレス・ホルモンバランス・加齢・過度ダイエット・頭皮トラブル・生活習慣など、
といわれています。さまざまな理由がかさみ薄毛の現象が表れます。

美容室でヘアケアとホームケアにて改善する方法を考えてみましょう。

目次

01頭皮トラブル

02ホルモンバランス

03過度ダイエット

04加齢

05ストレス

06まとめ


頭皮トラブル


薄毛の原因 画像

髪の頭皮の組織である乳母細胞の部位のつむじ周辺などは、
薄い頭皮の覆われていて加齢により、脱毛を促進され薄毛になると言われています。

重力の関係からつむじ周辺は血液の循環も悪くなります。
パーマやヘアカラーの過度の繰り返しからダメージを引き落とします。

脱毛などの要因は隔世遺伝のように、
母方の祖父の影響が大きく25%の人が遺伝を引き継ぐと言われています。

頭皮トラブルを回避する方法はありますが、サロンヘアケアによって頭皮を潤わせ、
ホームヘアケア(シャンプー&トリートメント)で頭皮の改善をはかります。


ホルモンバランス


ホルモンバランスによる症状は、加齢・更年期が原因により毛髪が細くなる。
頭皮の代謝が悪くなり皮膚組織に十分に、水分・油分の質が落ち薄毛の原因に。

もう一つは女性ホルモンの症状により脱毛が進んでしまうタイプとあります。

女性男性脱毛症

加齢によって女性ホルモンが減少し、男性ホルモンをうけやすい症状がおこります。
薄毛の原因は〖ジヒドロテストステロン〗

分娩後脱毛症

女性は妊娠中は女性ホルモンが多く抜け毛が少なくなります。
分娩後は正常に元通リなるために、成長期から休止期になり抜け毛がふえてきます。

高齢出産の場合は体力の回復がままらないため自然回復が遅くなります。

円形脱毛症

免疫機能を伴うリンパ球の働きによっておこるといわれています。
ストレスや体の変調(アレルギー疾患)といわれていますが、まだ、科学的根拠が証明されていません。


過度ダイエット


薄毛と食生活 画像

食事制限をしずぎて栄養が頭皮などに行き届かず不足します。
抜け毛や脱毛の要因を引き起こします。

肥満性脱毛症

余分な脂質をとりすぎ毛根に汚れや毛根がたまり作用が少なくなり、
新生毛が生えずらくなり薄毛を引き起こします。

メタボシンドロームという症状になると、血液がドロドロとなって血流が悪くなり、
悪玉ホルモンの増加につながりホルモンの分泌が悪くなります。

結果として薄毛の問題をひきおこしやすくなります。


加齢


頭のつむじ周辺は重力の関係から頭皮が薄く硬く、加齢とともに皮膚組織の代謝が悪くなります。
血流が悪くなれば薄毛をひきおおこしなります。

びまん性脱毛

女性の頭頂部が薄くなる症状を〖びまん性脱毛〗といいます。
血流の低下が一因とされ睡眠不足・ストレス・加齢などが原因で栄養が届かなくなる。


ストレス


女性ホルモンのひとつ、エストラジオールは毛量の維持をつかさどるホルモンの一つ。
産後や更年期にはホルモンバランスが崩れやすく抜け毛を助長します。

うねりや髪が細くなり切れやすくなります。

ストレス

薄毛に悩む人は35才をすぎた頃に多くみられる症状です。
ホルモンの関係やストレスは大きく関係しています。

バランスの取れた食事と睡眠と運動、ストレスをためない生活が大切です

女性の毛量の維持には、女性ホルモンの一つ、エストラジオールも関与しており、産後や更年期にホルモンバランスが乱れると抜け毛が増えやすくなる。また、女性10+ 件ホルモンが低下すると、うねりや乾燥が強くなり、髪は細く切れやすくなるという。


まとめ


薄毛に悩む女性の方が寿命が伸びてきたと同時に、
ヘアケア市場も急激に伸びています。

ヘアサロンウェーブではそんな悩みのある人に、
サロンの施術とホームヘアケアのアドバイスを無料でいたします。

髪は女性の命とむかしから言われています。
ぜひ、TX流山セントラルパーク駅1分におこしください。

マンスリークーポン
ネット予約