40代-50代の似合わせヘアスタイル

2015.08.15

40代ー50代の似合わせ術

大人世代はシルエットが一番大切になってきます。
ひし形のバランスで軽く見せたり、重みを出して若々しをだす工夫します。

気をつけなければいけないのは”重すぎる”カットラインならないように。
必要な部分だけ重みをだすことをおすすめします。

大人世代のヘアスタイルでまとめてみました。

目次

01ひし形ミディアムボブ

02エレファートなボブ

03まとめ


ひし形ミディアムボブ


柔らかい質感と動きでカット&パーマで出しましょう。

重みのある軽いウェーブ

カットで重さや軽さを出して、しっかりカールをだしましょう。

夏のリラックスウェーブヘアカラーから、リッジと自然さが感じるベストヘアに。
重くみえがちなヘアに高彩度のヘアカラーで鮮やかさを演出。

仕上げのしやすさが重要なポイントに。

Point

柔らかさと強さがムリなく同居するウェーブです。
前髪はリフトラインでカットして柔らかさを出し、

エアウェーブをかける。全体にまとまりを出しつつも、
ラフで柔らかなニュアンスに仕立てたるのがポイント。

ひし形ミディアムボブ

エレファートなボブ


前下がりレングスのグラデション

髪が硬い人であれば幅広く似合うヘアスタイルです。
髪の量感調整がポイントになります。顔を小さく見せたい場合は幅を狭くとり、

人によって目ジワなど隠れるので効果的です。顔回りを軽さを入れたりすることで変化が楽しめます。

Point

セニングシザー間引きをし量感調整します。スライドカットで束感を引き出して重軽なシルエット。
ヘアカラーはふんわり軽いシャンパンベージューでワンメイク。

外国人風の色合いでツヤをだします。

エレファートなボブ画像

気品漂うボリュームカール


華やかさが漂う好感ボブ

アンダーを平行にカットし、顔回りと表面をローレイヤーを入れる。
耳下はMIX巻き、ハチ下と表面が異なるようにスパイラルでMIX巻き、

フロントは下げるように毛先巻きでオン。
ヘアカラーはミルキー系で輝やくつや感を。

Point

スタイリングは毛先を揉みこみ、ウェーブをだしながらドライ。
耳前の髪は後ろへ流し流して乾かし、ワックスで整える。

アウトラインの毛先を割いてボリュームをだす。

気品漂うボリュームカール画像

まとめ


大人世代のポイントは『髪型が変わればイメージが変わる』ということ。
大人世代には悩みが『整形前髪』目尻や額のしわが気になる。

頬のたるみ・こけが気になる。小顔に見られたい。
など細かなお悩みがある部位を補正しましょう。

もちろんパーマやヘアカラーも大人世代に似合う髪型をつくること。
流行りを取り入れ似合わるようヘアデザインしてみてください。

流山市美容室のヘアサロンウェーブはブログで美容情報を更新しています。

マンスリークーポン
ネット予約