成人式の準備と確認

2014.11.22

ヘアカラーやパーマでまとめやすい髪に

髪型によって美容室で下地をつくってくださいネ!カールスタイルであればパーマを施術し、
面をキレイに出す場合は、ヘアカラーは染めるといった成人式までの下準備を解説します。

髪質によって似合わない髪型を確認

当日に髪型のお直しはできないので、不安な場合は美容室で相談してください。
成人式は時間との戦いなので、やり直しができないケースが多いようです。

当日に希望する髪型があわないことも少なからずあります。
たとえば髪が細いのに、編み込みやねじりやひねりといった、髪型は似合いません。

理由はボリュームがでないからです。あまり作りこまない自然な髪型か、
逆毛をたて全体にボリュームを出すような髪型です。

このようなことがありますので、事前に美容室との打ち合わせをしてください。

成人式の下準備

化粧品は基礎化粧品を今からしっかり

成人式までには肌を整えるようにして下さい。睡眠時間を前日しっかりとっただけでは、
化粧のりもあまりよくないので、化粧水や乳液で肌を整えて準備しましょう。

おすすめの化粧品は肌に合うのが一番ですが、個人的に花王の基礎化粧品や、
クリニークも基礎化粧品は定評があります。

クリニーク

髪質によって事前に施す

前編でヘアカラーやパーマを髪型によって、施術することをおすすめしましたが、
髪質によってはとっても大切です。

たとえば美容師さんにとって、”生毛”がとても扱いずらい毛です。
生毛の人の割合は少ないのですが、パーマを施すようにしてください。

生毛はパラパラ毛がおちてしまうことがあります。

毛先をカール感をだしたような髪型もパーマを施術してください。
髪が細い人や軟毛の人はカールがとれやすことがあります。

体系から似合うように着付

背が高い人に合う着付けは、帯も豪華にボリューム感があるように。
背の低い人は帯をや高めの位置にポイントをもってきます。

ふくよかな人は襟元の締め込みしずぎずにすることが大切です。
着物の柄も横縞や縦縞ではなく、花模様などあしらった着物が似合います。

レンタル着物の人とご相談することをおすすめします。

成人式の下準備
マンスリークーポン
ネット予約