ヘアカラーに失敗しない方法

2014.12.27

希望のヘアカラーを理解する

髪質や毛量などによりヘアカラーの入り具合で調整することが大切です。
髪の状態によってヘアカラーの施術方法を変え失敗しないヘアカラーを!

セミ・ロングヘアで失敗するパターン

1.毛先が暗く根本が明るくなってしまった。

答え この場合毛先のほうは既存毛のため、根本の新生毛よりも傷んでいるため、
時間をおくと早く入りやすく暗くなるからです。

2.根本が明るく中間毛や毛先が暗いパターン

答え 根本は地肌に近く熱があるため発色のスピードが速く、
時間をおきすぎると染まりが早まります。

3.希望の明るい薄いヘアカラーにはならない赤味が出てきてしまう?

答え 髪がやわらかい人や細い人は”薄いヘアカラー”は可能ですが、
髪の太い人、硬い人、染まりずらい人、は明るいヘアカラーには染まりません。

一回リフトアップを行いトーンをアップしもう一度希望の色を重ねます。

ヘアカラーに失敗しない方法

髪の状態の見極めで失敗するパターン

1.黒染めをしてヘアカラーすると希望の色がでない

答え 黒染めした場合トーンが低くリフトアップが上がりずらく、
キューティクルが思ったような色合いがでません。

美容室に行った時はかならずホームカラーしたことを伝えて下さい。
初めての人はプロがみても見落とすことがあります。

黒染めの場合髪の内部に色素(暗い)が残っているので、
色を明るい色合いはでることはほとんどありません。

ある程度明るくすることは可能ですが、
美容師との話を理解したうえで対策を考えて下さい。

2.グラデションに染まらない

答え グラデションは思ったよりは理論は簡単です。
中間毛までは5トーン中間から毛先部分を12トーンにすればOKです。

バージンヘアからグラデションをする場合は施術を2-3回繰り返します。
リフトアップを行い希望のベースを作り、最後に暗い5トーンにします。

ほとんどの場合は明るい既存の色からグラデションを行います。
美容師が髪の状態から適切なアドバイスがカギになります。

ヘアカラーに失敗しない方法

ヘアカラーに失敗しない方法

失敗するパターンは2項目に分けて例をあげましたが、
ヘアカラーの場合は毛髪診断と髪の状態から、
美容師が適切に判断することが、

ヘアカラーに失敗しない方法だと思います。
普段から美容師とよく髪の状態を把握したうえで、

ヘアカラーをすると良いでしょう。
相談するヘアカラーはむずかしい場合があります。

グラデションやローライトなどホイルワークもあります。
応用のヘアカラーは美容師との信頼関係のやりとりが、
ヘアカラー失敗しない近道だと思います。

マンスリークーポン
ネット予約