出産後に髪が抜ける理由とは

2015.09.08

妊娠中の女性ホルモンが高い

女性ホルモンの分泌サイクルは成長期から退行期・休止期に移行することを迎える働きがあります。
妊娠中は女性ホルモンが多くレベルが高いために、脱毛しにくい状況になります。

通常のサイクルですと休止期(妊娠中)があるはずものがなくなり、
髪の脱毛が一気に抜け始めますこれが出産後に脱毛です。

その後サイクルが戻り新しく毛が生え始めるので、
通常のサイクルになって通常の状態に戻ります。

ただし、出産中の年令が高年齢出産が増えているために、
子供も産んだあと髪が細くなったために、毛質が変化するのは加齢と重なるので、

髪質が変化したように感じます。
出産後の脱毛画像

女性の髪が変化する年齢

髪の状態や遺伝性のものと個人差がありますが、
30代後半から加齢のために少しずつ細くなる傾向があります。

爪も髪と同様にケラチンタンパク質でできていますが、
髪も同じような状態に年齢の若い頃はピンク色で健康的ですが、

やはり30代後半からツヤがなくなります。
髪の場合もハリコシがなくなり髪のボリューム感が落ちてきます。

ヘアカットもこの世代から変化するので、
髪質に合わせてヘアカットすることをおすすめします。

ヘアケア剤によって清潔な毛穴を保つことで、
髪の汚れや栄養を与えるように普段からヘアケアをしっかりすることがカギになります。

正常な毛穴画像

加齢に伴いヘアサイクルが変化します

エクラ(50代)から髪のハリコシがなくなる傾向が強くなります。
一般の方は髪質が変化したのかと勘違いしますが、

状態は正常な姿で心配することはありません。
エクラ世代の女性の方は、成長期が短く、休止期が長くなって、

抜け毛増えて、髪の本数が減ります。

ヘアスタイル画像

40代-50代の似合わせヘアスタイル

髪が細くなったり本数が少なくなっても、
カットの方法により十分カバーできます。

ホームページなどで詳細がかかれていますので参考にしてください。

若い頃とは髪質はちがってきますが、年代にあわせたカットとヘアカラーやパーマで、
『いつも女性らしくありたい女性へ』”変身”します。

お悩み問題(白髪・クセ・軟毛・剛毛・・etc)を一つ一つクリアすることで希望のヘアスタイルが可能です。
美容室もストーリー世代・エクラ世代のお客さまが満足できるヘアをご紹介します。

40代-50代-60代お悩みブログこちら→

流山市にある美容室です。ヘアサロンウェーブです。
最新ヘアスタイルから美容情報を更新しています。

マンスリークーポン
ネット予約