前髪カットパターン失敗しない方法

2015.09.22

切り方によっては誰でも似合わない前髪

失敗しないためには前髪と髪質など総合的な基礎知識が大切です。

今回は前髪は見た目ほど簡単ではなく印象が大きく変わります。
パターン別に考えてみます。

前髪のカット画像

資生堂プロフェッショナル ヘアカラー参照

目次

1.前髪は幅は狭く深くが基本(パートをだしたくない)

2.こめかみ部分は長め(大人世代や顔を小さく)

3.個性的な前髪

5.まとめ


前髪は幅は狭く深くが基本


前髪のカットは「女性にとっては命」ほど大切な部分です。
前の幅の1cm狂うとサイドに毛束が流れ、バランスが悪くなって手入れがしずらくなります。

美容師さんによっては無神経をハサミをを入れると大変な状態にそんな状態でカットすると、
前髪のまとまりが悪くなります。

前髪のブロックの基本

1.馬蹄形(Uの字)にブロックをとり奥が深く、幅を狭くします。

2.パート(分け目)がほしくなければ深く、そうでなければ浅くしてブロック

3.クセ毛や毛流れによってコームの力によってカットします。
*指の力を入れすぎると乾いた時に上がってしまう。

4.輪郭や顔の大きさによって幅を変更します。

●前髪のカットは毛流や髪質なども大きく左右しますので、
慎重にカットすること求められます。

前髪の切り口

1.チップカットが基本です。
*チップとはギザギザなラインにカットする意味

2.ハサミは縦に入れる
ブラントもないわけではないですが硬い前髪になるので、
ハサミを横に入れるのはすこし古い感じがします。

前髪のはさみの入れかたひとつで印象が変わるので、
ハサミの入れ方は縦に入れて自然に馴染むカットをおすすめします。

前髪は個性的なイメージに変化します。
ぱっつん・アーチ・ストレート切った感じで見た目が変わります。

初対面などで一番印象に残るのは前髪によって悪くも良くもなるものです。

前髪のカット画像

こめかみ部分は長め(大人世代や顔を小さく見せる)


ストーリィ世代やエクラ世代の方はこめかみから下にかけては、
グレーゾーンのしわや白髪があるできれば隠した部位です。

前髪からサイドにかけては長めに残すことが大切です。
若々しさのある印象が表現できます。

ヤング世代でも顔を小さく見せたいクセがあるなど、前髪の長さによってカバーします。
髪の毛束の落ちる部位を計算して長めにカットします。

前髪を長めに残すパターン

1.大人世代の白髪やしわなど隠すために長さを残す。

2.顔を小さく見せるクセをカバーのために長さを残す。

前髪のカット画像

まとめ)


冒頭に前髪は女性の命くらい大切な部位。カットの長さによって似合うようになる前髪。
顔の骨格・クセ・毛流・顔ししわなど総合的にカット。

とても大切で決めてになってきます。
十分に考えてうえでカットすることが大事です。

流山セントラルパーク駅1分の美容室
ヘアサロンウェーブです。

マンスリークーポン
ネット予約