ヘアアイロンとコテによる髪へのダメージ

2016.01.09

キューティクルを壊さないようにカール

髪の毛のカールで仕上げをするあなたはアイロンやコテの使用を、
誤っていませんか?

使用する場合すこしでも髪が傷まないようにするために、
一定の理論や扱い方の基本を理解しないといけません。

ヘアアイロンとコテのノウハウを伝授します。

ヘアアイロンとコテイラスト画像

目次

1.アイロンやコテはどう髪に影響するのか

2.アイロン・コテの注意点
●ウェットでの使用は避ける
●アウトバストリートメント用のコテを使用

3.ショートヘアでもホット系パーマはキレイにかかるのか?

4.縮毛矯正&パーマの「マークコンティ」

5.縮毛矯正&カールの「すとかる」

6.まとめ


アイロンやコテはどう髪に影響するのか


■髪への熱とタンパク質の関係

髪への熱によって髪の細胞が変化します。
それを「タンパク変性」といいます。

熱による変性は60°を基点としておこり始め、
200°になると溶けてしまいます。

たまごは白味や黄身が熱を加えると半熟から徐々に固くなります。
長時間熱を加えると髪の芯が空洞化し、キューティクルが裂けてり断毛します。

ヘアアイロンとコテスタイル画像

アイロン・コテの注意点


■アイロン・コテで避けなければいけないパターン

●ウェットでの使用は避ける

髪の中の水分が残っている場合「パチパチ」といった音が聞こえる場合は、
毛髪と水分の残量によって水蒸気爆発をおこし、

髪のキューティクルなどに損傷を起こして、断毛や裂毛などダメージを与えます。
それによってカールの持ちも悪くなるので、
タオルで水分をふきとりドライヤーで完全にドライを行います。

●アウトバストリートメントでもカールが対応するタイプを使用とは・・・

お風呂あがりや朝の仕上げ時に濡れた髪につける「洗い流さないトリートメント」です。
多いタイプはオイル系が多く、ノンシリコンが入っていないものが人気です。

その他にはミルク・クリーム・ジェル・ミストなどの種類があり、
スタイルの仕上がり感などによって選択します。

*アウトバストリートメントは熱対応商品を買うことをおすすめします。

アウトバストリートメント画像

まとめ


タンパク質の構造組織を破壊する「タンパク変性」や、
ヘアアイロンやコテの注意点を理解して使用すること。

理解することによって熱から髪を迎え、カール感の持ちもよくなります。

流山市にある美容室ヘアサロンウェーブは、
ブログで美容情報を更新しています。

マンスリークーポン
ネット予約