グラデションヘアカラーメンズ(ホイルワーク)

2016.01.10

色の陰陽を表すグラデーションヘアカラー

グラデーションカラーといってもいろいろなパターンがあります。
ベースカラー(8-10トーン)のヘアカラー染めした後に、

グラデションカラーする方法と、いぜんヘアカラーした後に既存毛から、
グラデションカラーするパターンです。

今回は「既存毛からグラデションカラーするパターン」を、
サロンのお客さまを施術してデザインをまとめてみました。

目次

1.メンズのグラデションの種類

●ホイルワークとメンズグラデション
●バレイヤージュとメンズグラデション

2.ハイライト&ローライトのミックス

3.メンズグラデションカラーの仕上げ画像

4.まとめ

 


メンズのグラデションの種類


■ヘアカラーの表現によってグラデションを選択

グラデションカラーはホイルワークとバレイヤージュがあり、
ホイルワークは毛束にハイライトやローライトを行いハッキリとしたラインが、
バレイヤージュは髪の表面に塗り持ちがよいのが特長です。

ホイルワークは毛流れのあるヘアデザインやローライトなどに適しています。
バレイヤージュは絵的感覚で自由に表現できます。

■ホイルワークとメンズグラデション

ヘアグラデションカラーを行う場合はこの手法が多く、
ショートヘアが多いメンズに表現でしやすいグラデションです。

短い髪のヘアデザインなどローライトを組み合わせた、
ハイライトが活きるヘアデザインです。

ホイルワーク画像
仕上げ画像です角度やライティングの関係上みずらいですが、
フロント回りはダークブラウンにその上はレッド系の色をのせ、
つむじ周辺はハイライトを入れています。
ホイルワークとメンズグラデション画像

■バレイヤージュとメンズグラデション

セミ・ロングヘアなどが主なバレイヤージュですが、
ショートヘアでも水墨画や絵のような自由な印象なヘアデザインが可能です。

下図のようなトップ部分のような発想しだいで、
何百通りのヘアカラーのデザインが可能になります。

ただし、ヘアカットあってのヘアカラーを忘れずに!

バレイヤージュとメンズグラデション画像

ハイライト&ローライトのミックス


■ミラー効果のローライト

一定の長さがあるヘアデザインには下にローライトを、
上に明るいハイライトを入れて際だつようにミラー効果を使います。

下の図のように頭のトップ部分にローライトを下に、
ハイライトを上にしてグラデションカラーの陰陽を活かします。

グラデションのミラー効果画像

メンズグラデションカラーの仕上げ画像


■色を組み合わせてグラデションヘアカラー

ハイライト&ローライトがグラデションではありません。
色を組み合わせることによって幅の広く楽しめます。

ハイライトの12トーン、ローライトの5-6トーン、
レッド系の8トーンと色が鮮明にでるレベルで魅せていきます。

色が鮮やかに出てくる色はレベルによってさまざまです。
例:赤味の色は7-8トーン、ハイライトは12以上、ローライトは5-6トーンです。

下の画像はハイライト・レッド・ダークブラウンです。

メンズグラデションカラー画像

下の画像はバレイヤージュのメンズヘアです。
画像の角度から見えずらいですが!

バレイヤージュのメンズヘア画像

まとめ


グラデションカラーする場合はダブルヘアカラーが多いですが、
1-2ヵ月前にヘアカラーした状態でホイルワークするのもありだと思います。

メンズはショートヘアが多いので、ホイルワークやバレイヤージュでも、
ヘアカラーの持ちが変わらず3-4ヵ月は持続可能です。

仕事におしゃれを楽しめる方であればぜひグラデションカラーを楽しまれるといいですネ!

ヘアサロンウェーブは流山市にある美容室です。
ブログで美容情報を更新しています。

マンスリークーポン
ネット予約