ヘアカラーはなぜ失敗するのか?

2016.06.13

髪の状態を把握することが大切

ヘアカラーがうまくいかない、思ったヘアカラーの色がでないのには理由があります。
いつも利用したヘアサロンで毛髪を把握しているのか。

それとも美容室は決めないで美容検索サイトなどで、
美容室に行きたい時に行くのかで失敗する確率が高くなります。

それでは失敗するパターンから希望のヘアスタイルできる方法を考えてみましょう。

ヘアカラー画像

目次

1.髪の見極めを美容師に伝えることでリスクを避ける

2.まとめ


髪の見極めを美容師に伝えることでリスクを避ける


優先順位を決めて伝える

毛髪の履歴を美容師に伝えられないときはリスクを負う可能性が強くなります。
こんな場合はほとんど当事者であるお客さま本人もわからない事が多く、

初めて担当した美容師も見た目だけでは、見落としてカラーの失敗につながります。
こんな場合は優先順位をきめて伝えることが肝心です。

■ヘアカラーを失敗しないためのチェックリスト

1.前の施術の履歴を伝え正しい判断をしてもらう。
*美容検索サイトで初めていったサロンでは失敗する確率が高いからです。

2.プリンの状態の場合は修正が必要になります。
*お客さまによっては修正染めの作業が「ない」と思っているようですが、
これは大きな間違いで均一に染めるには、状態によっては1工程施術がプラスされ料金もかかります。

3.毛髪に色がでないカラーメニューを選択した場合
*メラニンの赤メラニンが多い場合はアッシュ系の色がでないことが多く、
結果的に失敗するパターンが多いようです。

4.毛髪診断の見極めを美容師が誤った場合。
*毛髪には【直毛・クセ毛】・【硬さ・軟毛】・【太毛・細毛】・【撥水毛・吸水毛】、
これらを頭にいれて適切に施術する必要があります。


まとめ


ヘアカラーは奥が深くすこしの知識と経験で覚えられるものではありません。
たた、経験と薬剤の知識によって均一に染めることは可能です。

キレイに染めるにはできないことも出てきます。
その時に美容師がお客さまに助言しリスクを減らす努力を怠らないことが大切です。

流山市美容室ヘアサロンウェーブは、
ブログで美容情報を発信しています。

マンスリークーポン
ネット予約