美容室で手入れがしにくいカット原因

2016.07.02

手入れがしにくくなるには原因があります

ボリュームが出すぎて手入れがしにくくなるしかもカットしたばかり、
毛髪の多さにたいして隙バサミが少ないことが原因です。

逆に髪がスカスカになって落ち着かないなど、
髪質や好みデザインなど微妙にカットのおさまり具合が悪くなります。

そん

ヘアサロン画像

目次

1.毛髪診断を適切にカットを行う
●毛髪が太く硬い
●毛髪が細くやわらかい

2.履歴の状態と希望のデザインみてカット

3.美容師との相性なども微妙に影響します

5.まとめ


毛髪診断を適切にカットを行う


ドライ(乾いた)状態てからカット

一般的にはカットはドライの状態で視診・問診・触診を行います。
一番大切なことは乾いた状態から毛髪診断を行いシュミレェションを行います。

【毛髪が太く硬い】

毛髪が多くて硬い人は根本ちかくから、毛先を細くしてソギをいれ、
ソギが甘いと「野暮ったく」なってしまい結果持ちが悪くなります。

もちろんベースのカットを適切におこなったうえで、
全体のバランスをみたうえでソギの調整することで正しいカットを維持できます。

ドライ時に毛髪診断することでボリュームバランスを整えることができるからです。

【毛髪が細くやわらかい】

お客さまのカットの状態がスカスカな髪の状態の方がたまにお見えになりますが、
カットオンリーの場合はソギを入れすぎるとスタイルに落ち着きがなくなります。

こんな場合は履歴の状態にもよりますが、
ソギの基本「中間から毛先が細くなるようソギを入れる」をいれて根本にソギは入れないように。

パーマなどかける場合はのぞきは基本に忠実に行います。

*パーマをかける際はソギがおおきなウェートをしめてくるので、
視診・問診・触診を適切施術をします。

カット画像

履歴の状態と希望のデザインみてカット


履歴の状態がカギになります

すごく上手な美容師さんが担当しても、履歴の状態が不適切なカットを行った場合は、
カットが手入れがしやすくなるには無理があります。

とくにソギがスカスカになった場合などは修正カットを行い、
次回か3回目からが手入れもしやすくなります。

素人の方が初めて美容室に行って失敗したと思ったも、
その時ではなく前回に施術を行った美容室かもしれません。

したがって美容室に希望の通リのヘアスタイルになるのには、
1回~3回くらい施すことが大切です。

初めて行った美容室を1回で判断するのはムリがあるので、
3回くらい続けてカットも判断すると良いでしょう。

カット画像」

美容師との相性なども微妙に影響します


生理的な部分も判断材料に

カット技術とは実質的には結びつきはありませんが、
気持ちの部分で気にいったようなスタイルになっても、
相性が悪いと正確な判断がしずらくなります。

相性を機敏になった場合は希望のヘアを伝えて、
静かに黙って結果をまつようにしましょうね!

美容師さんも相性が悪いと感ずいていると思いますので。

カット画像

まとめ


カット技術を判断するときは毛髪の状態や履歴の状態を加味すると、
正確な判断を誤ることはありません。

初めて行った美容室でも1回で判断せずに何回か施術をして、
カットの技術力を判断しましょう。

カットは正確なカットやソギいがいにはヘアデザインなどもあるので、
総合的に判断することでカットのしにくい原因をつかみましょう。

流山市美容室ヘアサロンウェーブは、
ブログで美容情報を更新しています。

マンスリークーポン
ネット予約