美容室でかけるパーマネントの種類

2016.07.03

還元剤からアルカリ剤まで幅広く

還元剤とはシスチン結合を切断し酸化させカール感を保たれます。
アルカリ剤とは毛髪を軟化、膨潤して還元剤の働きを促進します。

一般的にパーマネントをかける場合は還元作用を行い、
カールやパーマネントをかけていきます。

アルカリ剤は還元剤をミックスしてパーマを施します。
それではパーマの種類を考えていきましょう。

パーマネント画像

目次

1.チオグリコール酸系

2.システィン系

3.システアミン系

4.サルファイト系

5.チオグリコール酸グリセリン

6.他のパーマ用剤

7.まとめ


チオグリコール酸系


最もポピュラーな還元剤

メーカーから一番使われている還元剤。
毛髪の全てに使える医薬部外品です。

(カーリング剤)2.0%未満まで配合可能

●適している毛髪

1.硬毛で太い人に適しています。
2.パーマのとれやすい人
3.強くかけたい人

向いていない毛髪はヘアカラーや縮毛矯正など損傷毛などは、
ダメージ力が強く毛先がチリチリになることがあります。

このような場合は水巻きやロッドの太さで調整します。


システイン系


やわらかめなパーマ剤

アミノ酸から出来ているため髪にはマイルドな仕上がり。
医薬部外品でアルカリ剤などの配合は可能な還元剤。

(カーリング剤)2.0%未満まで配合可能

●適している毛髪

1.ヘアカラーや縮毛矯正などで傷んだ髪質
2.弱めのカール力が希望の人

コスメパーマがでる前までは主役の還元剤だったシスティンですが、
毛髪の太さや弾力性にかかわらず弱めの人に向いている還元剤。


システアミン系


化粧品扱いの還元剤

低ペーハーのわりにチオグリコール酸と同等にかかる還元剤です。
ニオイがあるので中間リンスや分解する用剤を使用する。

2剤をしっかり塗布することで低減できる。

●適している毛髪

1.ほぼ全ての毛髪に使用可能ですが、損傷毛などには過剰な反応があって、
かかりすぎるきらいがあります。

2.美容室での出荷量がチオグリコール酸を追い越す勢いで伸びている。


サルファイト系


パーマ剤いがいにも使用される

シスチン結合持たない還元剤です。髪にやさしい刺激で褐色も少ない。
目薬やワインの酸化防止剤にも使われ皮膚や身体の影響が少ない。

パーマ剤としても安定性が高い。

●適している毛髪

1.ナチュラルなパーマを希望する人
2.クセ程度なカール感をほしい人


チオグリコール酸グリセリン


縮毛矯正などに最近よく使用される薬剤

すとかる(ストレート&パーマ)や縮毛矯正など酸性パーマとして使われています。
用事製剤として使われることが多く、中性から酸性で使用される。

1.酸性縮毛矯正としてGMTとしてよばれています。
2.カール力が高く縮毛矯正とカール剤として使われています。


他のパーマ用剤


主力還元剤いがいの他のタイプ

■ラクトンチオール

非常に強い酸性臭がある。酸性領域でアルカリなみにパーマもかかります。
用剤内には親水性や親油性の部分を持ち、水溶性にするとすぐに分解するため、
使用時に用剤を混ぜて混合します。

ハイダメージしたヘアカラーなどと相性がよい還元剤です。

■グア二ルシステイン

システインの構造を分子の中にもつ還元剤。
チオグリコール酸とシステインとの中間に位置する。

グア二ルシステインはシスティンの働きを保護する役割があり、
欠損した結合部分に吸着し、結合の補強するなどの毛髪の傷みを防ぎます。


まとめ


最新のパーマ剤は厚生省の薬剤の法律的な決定により、
新しいパーマ剤もしくは毛髪のダメージとカールをキレイにする前処理などが発売されています。

美容師であれば新商品のパーマの扱いかたや知識の情報として、
参考になればとアップしました。

流山市美容室ヘアサロンウェーブは、
ブログで美容情報を更新しています。

マンスリークーポン
ネット予約