美容室の表示順位を上げるSEO対策

2017.06.26

お店独自のオリジナルな内容を評価

美容室なのでかっこいいホームページのほうが印象がよいですが、
グーグルが評価するのは内容でオリジナルな内容を評価されるようです。

また、大型店を一番が評価されているかと思うとそうではありません。
表示順位も小規模店などがトップに表示も多くみられます。

いま、使う側が見やすく便利な効率的ホームページサイトです。
PCでもスマホでも見やすい「レスポンシブ・デザイン」のホームページサイトです。

美容室の表示順位を上げるSEO対策

目次

1.美容室の内容のオリジナリティとは

2.ホームページの更新頻度や安全面の強化を図る

3.まとめ


美容室の内容のオリジナリティとは


大きい小さいの規模ではなく内容

■ホームページをみる人に情報を伝える

ホームページをみる人たちが有益な情報内容を掲載することにつきるサイト作成。
ページ数が多くてもみる人が興味のないものはグーグルは評価しないようです。

質こそが最大のアピールです

内容の中でもファッション的な要素に比重を占める美容室はサイトのデザインは大切です。
では、内容のあるサイトは?と思いますね。

そんな場合はサイトの評価を集めているこちら→「イケサイ」が代表的ですね。
wedデザイナーが参考にするポピュラーなサイトです。

デザインのヘッダーやフッターなどの全体を通したトレンドを知ることができます。
デザイン重視のホームページも数多くあるので自分が作りたいサイトの参考にしましょう。
内容についても大型ヘアサロンのみならず、小規模ヘアサロンも含まれています。
けしてお金をかけていなくても評価が高いヘアサロンは多数紹介しています。

まずは、たくさんのホームページサイトをみてオリジナルなサイトを勉強し、
結果として内容のあるオリジナルなサイトと評価されるはずです。

美容室の内容オリジナリティとは

 


ホームページの更新頻度や安全面の強化を図る


半年も1年も更新しないとロボットからマイナス評価

グーグルが評価するのはホームページに見てる時間を重要視します。
グーグルアナリティクスは時間やページ数など詳細な記録を見ることができます。
更新頻度が低いとページを読まずに他のホームページサイトに移ってしまいます。

表示順位も1ページはおろか5-6ページに、誰も見ないページえとランクダウンに。
更新は毎月1回は記事や画像など更新するよう心がけましょう。

SMSやブログを使って外部からの流入を増やす
内容のあるSMSやブログを発信し続けることが質の向上につながります。
気をつけることは記事は質を重視し、毎日1回の記事を発信します。

セキュリティーを強化します
アドレスの部分にパソコンには「保護された通信」や、スマホの「カギ」マークなど、
安全面での強化をはかることで安全性が評価されます。

 レスポンシブ・デザインのホームページサイト
パソコンでもスマホでも同じ作りで見られるサイトです。
グーグルが公式にレスポンスデザインを推奨しています。

 
 

レスポンシブ・デザイン

マンスリークーポン
ネット予約