頭皮の構造とスキャルプヘアケア

2017.06.27

頭皮のメカニズム

日本の女性の中でボリュームゾーンは50代女性が多く、メディアで売れ行きがいいのもこの年代をターゲットに。

ヘアサロンで売られている中でもスキャルプヘアケア商品です。毛根から皮膚の奥深くにまで栄養を浸透させます。

頭皮の構造の皮膚のメカニズムを説明します。スカルプヘアケア商品目次

1.皮膚の役割

2.いま売れているスキャルプヘアケア


皮膚の役割


皮膚の構造と役割

■皮膚組織には機能や役割がある

皮膚は外部からの身体を守るだけではありません。
皮膚には頭皮の一番の外側の表皮に大切な役割があります。

皮膚の構造を知ること

果粒層

角質層のしたにある組織です。主に紫外線から肌を守り、皮膚の深い部分の浸透を防いでいます。
NMF(細胞間脂質)人間の肌の源の部分です。水分と脂質が多量に含まれます。

有棘層

皮膚内での層が一番厚い層におおわれています。樹状の胞体突起を持つので「樹状細胞」とも呼ばれる。

体内からの異物を判断した場合は、アレルギー反応を示す。

基底層

ターンオーバなどの活動はありません。メラニンサイトの色素細胞などつくる組織です。

大人世代の方が気になる日焼けやシミ・ソバカスなどはここでつくられます。紫外線による吸収が大きいとシミなどができますが、これは紫外線を守るための色素変化によっておこるものです。
♯基底層から真皮から守りシミが起こるのです


いま売れているスキャルプヘアケア


美容メーカーに売上貢献しているスカルプケア

パミロール
美容メーカーで一番早く頭皮のヘアケアの商品の実績があるます。商品も素晴らしく美容師さんからのファンが多い商品です。

発売が間もない「クレイセル」は毛穴に瞬時に浸透し、髪の栄養を吸収させよい皮脂はそのまま残します。

パミロール商品の全てがそうですが、どこが良いのがわからないのが実情です。ただ、使って髪のしなやかさや頭皮の清潔がアップし、新生毛を生えやすく効果がすぐわかります。

ヘアサロンウェーブでは「クレイセル」10800円

ヘアサロンウェーブではスカルプローションやシャンプーやトリートメントなどの紹介も随時おこないます。

 

 

 
 
マンスリークーポン
ネット予約