アヴェダの植物由来成分98%は誤っていないのか?

2017.12.29

アヴェダは人気コスメであることは間違いはありませんが・・・

A.アヴェダの内容成分 B.オーガニックに向いていない人

一定の支持層から圧倒的な支持をうけているアヴェダの内容成分についてまとめてみました。
アヴェダはハリウッド女優さんなどが、有名人が使っていること、オーガニックブームetc・・
などの理由から日本でもデパートを中心にあるヘアサロンで購買できます。

オーガニックは自主基準に元によるルールを定めていたものなど、いろいろなオーガニック化粧品があります。
ヨーロッパのタイプは基準が高く国際的に評価が高い団体もありますが、
アヴェダは自主基準に元に作られアメリカが本社です。

オーガニックは自分の髪にあったものだからといって、
絶対に安心ということはありません。他のヘアケア商品と同様に自分にあったものをおすすめします。
アヴェダの内容成分をわかりやすく説明します。

1.アヴェダの内容成分

【石油系成分】

●ラウリル硫酸アンモニウム…(主成分)
ラウリル硫酸~ラウレス硫酸ともに高級アルコール系で、「洗浄力が高く泡立ちもよい」、
ラウレス硫酸は「ラウリル硫酸」よりも低刺激です。

アヴェダのセールストークに植物由来とか自然由来を使っていますが、
合成であり石油系のシャンプーです。
ここはポイントの部分で理解する必要があります。

●ココイルメチルタウリンナトリウム…(主成分)
タウリン系で含硫アミノからつくられる界面活性剤の1種でAMTとも呼ばれ、
皮膚や頭皮などにやさしい低刺激です。

●スルホコハク酸ラウレス2Na…(主成分)
他の界面活性剤とのなじみやすく起抱力が増す。(泡立ちがよくなる)
低刺激で肌にもやさしい。

【植物系成分】

●アボガド油…(他のシャンプー剤に含まれる)
アボガドオイルであるオレイン酸は抗菌作用と皮膚の再生や保湿をたすけます。
肌のハリのバルミトレイン酸や潤いのステロール酸が含まれ、サラッとした仕上がります。

●ローズマリー…(他のシャンプー剤に含まれる)
肌や頭皮に対して強い収斂作用(肌をひきしめる)があり、肌にハリを与え整える効果があります。
ローズマリーエキスには美肌効果やアンチエイジングによって美しい肌に。

●ラベンダーエキス…(他のシャンプー剤に含まれる)
殺菌効果・抗菌効果・収れん作用・抗菌作用などがあり、火傷・日焼け・筋肉痛・虫刺されなど、
皮膚をガードし整える効果があります。にきび予防の化粧品などにも配合されています。

*一部の内容成分です。

1.オーガニックに向いていない人

●ダメージ毛で髪がひどく乾燥している人
オーガニックは香りが薄く洗浄力も弱い、コンデショナーをしたあともギシギシ感がのこる。
ハードダメージのある人や、パーマやヘアカラーで傷んだ人には保湿性の高いタイプを使用がベスト

●油分が多い頭皮の人
オーガニックもタイプがあるので全てとはいえませんが、
一般的には洗浄力も弱いので、地肌と髪の油分をとってくれるスキャルプ系のヘアケア剤がベスト

●香りを重視する人
香りは薄いのが一般的です。
シャンプー後の香りに物足りなさを感じます。

●個人的なコメント

オーガニックブームもありアヴェダなどは売れているので
良い商品であることは間違いないと思いますが、
商品としては全ての人に向いている商品ではないこと。

植物由来成分98%はセールストークを言っているのは無理がある。
他の植物系のシャンプー剤も全て「オーガニック」になってしまう。
ヨーロッパのオーガニック国際団体のイタリア「ICEA」の認証を受けた、

ミルボン「ヴィラドラ」のほうが国際的にも認可されているのでより信頼性がある。
アヴェダがこれだけヒットした理由はヘアサロンでの販売がメーンであることが伺える。

問題はアヴェダを買った人が植物由来成分98%と思って買ってしまう点と、
シャンプーも(内容成分について)わかりずらい。
アヴェダは素晴らしい商品なのだからセールストークを考えてほしいと思う。

 

 

 

 

 

 

マンスリークーポン
ネット予約