50代からのパーマの関係と施術方法

2018.02.18

ダメージが最大の興味をひく50代のパーマ

1.毛髪によってパーマ剤や施術方法を変化

いまの50代は若い世代とは大きなヘアスタイルのちがいはありません。
変化は毛髪のハリやコシやクセ毛の対応にかかっています。
それには問診・視診・触診によって見極め施術を考えることです。

もう一つはパーマ剤の選択、ロッド選定、水巻きなど毛髪によって使いわけること。
50代の毛髪やダメージが強い場合は前処理や後処理などが必要。
髪の乾燥や加齢による変化にも対応するために水分補給がパーマの「キーポイント」です。

1.毛髪によってパーマ剤や施術方法を変化

50代からのパーマ施術は毛髪診断を行い、
髪の乾燥も年代の変化によって変わる毛髪に対応する必要があります。
毛髪内の細胞は年齢を重ね毛皮質の細胞の変化があります。

水分の多い細胞と、脂質の多い細胞がありますが、加齢によって脂質細胞がふえてパーマもかかりにくく、
ダメージによってかかりやすくなります。
毛染めやパーマの繰り返しによって乾燥も増長させるので注意が必要です。

ダメージに効果的なのは毛髪内から流出したタンパク質を補給すること、
ダメージにあったパーマ施術を行う。
1.前処理・後処理を行う 2.水巻きでロッド巻きする 3.ロッドの太さを調整する 4.水分補給

毛髪の状態によってテンション(引っ張る力)も調整します。
ダメージが強い場合はノンテンションし、パーマのとれやすい人は軽くテンションをいれロッド巻きをする。

また、50代は軟毛のような髪質でダメージが強い人は、
水巻でロッドを太目にノンテンションでロッド巻きします。
パーマがとれやすい人はロッドを細めにテンションを軽くいれます。

薬剤はコスメパーマが多いですが、毛触り質感などでシステインパーマを多く、
パーマ剤+髪質+質感(ヘアデザイン)で選ぶことが効果的です。
50代からのパーマは信頼のおける美容師と相談することで希望のパーマデザインが得られます。

 

マンスリークーポン
ネット予約