50代からのシルバーカラーヘアについて

2019.01.17

シルバーヘアを似合わせ術るのはおしゃれ感と毛量感がある人

1.膨張色を着こなす装うにはファッションセンスと毛量感がキーポイント 2.デメリットもあるシルバーカラー

女性は35歳くらいから白髪が増え気になりだすといわれています。
40代くらいから白髪が増えて、50代になって急に増えですと言われています。
人によって白髪の出てくる感じが異なります。まばら白髪や、一カ所に集中してでる白髪、全体にでる白髪と人によってさまざまです。

しかも、膨張色のため色が目立ちやすく、洋服の着こなしなどセンスが必要です。
白髪の出てくるタイプの人は、色白の人、髪が硬い人、やわらかい人と同じタイプの人はいないようです。

シルバーカラー人は洋服など着こなしの面でも合いやすいですが、自毛の黒い毛が多いシルバーの人は、
髪の色をそのままシルバーヘアに伸ばすとなると、そのまま伸ばしぱっなしにするとだらしなくなる傾向があります。
やわらかい人も髪が薄いと地肌が見えやすくなるので、中間リンスや濃いブラウンなど入れる工夫が必要です。

●カラーリンスやベージューなどミックスしておしゃれ感を楽しむ

都内で着物を装おうご年配の人で、紫のカラーリンスを染めてらっしゃる人もお見かけします。
このタイプの人は、グレーカラーを楽しむ人は、色が白く肌も白い人が多く、カラーリンスも美しく染まります。
もちろん色の黒い人もいますが、トータルバランスで色の白い人に比べ、アドバンテージがあります。

白や黄や明るい紫は膨張色なので、肌など顔も目立ちやすくなります。
シルバーカラーは、薄いベージュー、明るいベージュー、ピンクなど色も合わせやすい。
おしゃれ感も同世代に比べ、際立ったイメージを表現します。

●プチウィッグやウィッグでアレンジしやすい

黒よりもシルバーカラーの人のほうが、ウィッグなど違和感もなく似合いやすいです。
ベースがシルバーであれば、ホワイトのウィッグでなくてもバランスが良い。
オールウィッグでも合わせやすく楽しめる。

●ウィビングやチップのようなホイルカラーを楽しめる

ホイルカラーで好きな配色を入れらるのもシルバーカラーの強みです。
ブラウン、オレンジ、ベージューとあらゆる色と調和が図れます。
シルバーカラーの場合は、地毛の黒い毛髪をアクセントとして楽しむこともできます。

●ブリーチとダブルカラーも楽しめる

中途半端なシルバーに交じるブラック毛(地毛)を消すために、ブリーチをして好きな色も楽しめる。
ダブルカラーは薄いベージューも透明感があったおすすめです。
フランスのマドモアゼル(ご婦人)のような品の良いカラーもいいですネ!

2.デメリットもあるシルバーカラー

色白の人はいいですが、色黒の人のシルバーは調和がとれない。
白髪は膨張色のため色が目だって肌の色が黒く見える。老けてみえシルバーカラーにして逆効果に。
ヘアサロンに通う回数が増えるシルバーカラー。

白髪の組織は脂質細胞と水分を含んだ細胞でできていて、白髪は脂質分が増えて髪が軽くなりまとまりずらくなります。
黒髪と白髪では白い色が目立つため、髪が伸びるとだらしなくなりやすい。
ヘアカラーをしなくても、カットの回数や場合によってホイルカラーもするため、予算も重なります。

シルバーカラーである膨張色は服装や肌の色が目立ちやすい、そのため洋服の色や素材を考える必要がある。
黒髪で似合っていた洋服が着られなくなる。黒髪は洋服に制限が少なく、どんな柄の服装で合う。
シルバーカラーにすると費用がかかることを意識してください。

 

マンスリークーポン
ネット予約