アルーリアとコレストンのヘアカラー

ヨーロッパのヘアカラーは酸化染料を使うタイプが一般的です

1. 直接染料の使用は配合しても少ない 2.色持ちを重視する

海外でヘアサロンでサロンしていた知りあいが、国産の染料は補色が配合されているのか驚いていました。

20年ぶりで日本にやってきてビックリしていました。アジアや日本人の場合は、黒髪で補色を使うのが一般的です。※一般的にはヨーロッパや欧米では酸化染料が一般的です。

ミルボンをはじめ直接染料が多く配合されているのはそのためで、ロレアル製品のアルーリアはほとんど酸化染料で、ウエラも同様です。

目次

1.直接染料の使用は配合しても少ない

2.色持ちを重視する


1.直接染料の使用は配合しても少ない


■アルーリアはゴールド他にはほとんど使われていません

ロレアルは数種類だけ直接染料が使われています。ただ、多数のヘアカラー剤だけでもほんのわずかです。

アルミノのアジアンカラーもほとんど配合されていません。ウエラもロレアルも同様です。

酸化染料だけのヘアカラーは色持ちがよく、色の退色しても染料がコルティクス内に残留し、色も徐々に薄く褐色し色を楽しむことができます。

仕上がりもやわらかくソフトな手触感が特色です。直接染料の場合は日本人の黒髪に色に表現しやすい、酸化染料だけでは発色しない色を、直接染料で表現します。

外国人の場合はメラニンも少ないので、直接染料や補色が少なくてもピュアな発色が可能です。

直接染料の良さは瞬時に色表現も可能で、酸化染料では色がでにくい色の発色がメリットでもある。


2.色持ちを重視する


■酸化染料はおもに色持ちがよい

1.の項目でもふれましたが、酸化染料のよさは色の持続性がアップすることです。アルーリアはロレアルの先進の特許のうえ成り立っています。

従来のアルーリアに比べ色素細胞が大きく、染料の持ちもよく均一な染色が可能です。しかも、日本人が好きなグレージュの染料の特許はロレアルが持っています。

髪のダメージもイネオンGの特許によって、コルティクス内に栄養と染料を閉じ込め、色もちと傷みを和らげます。

ウエラコレストンはグレイカラーにとくに鮮やかさと明るさを表現するヘアカラー剤です。ウォーム系の12/95と5/04は明るさと色味も同時に色をだします。

コレストンはアルカリカラーに比べるとグレーカラーのほうが染料の相性がよい感じです。

国内のヘアカラー剤は多く競争が激しいですが、しれだけによいカラーと悪いカラーがハッキリわかれます。

アルミノの「アジアンカラー」は独自の技術で鮮やかな色彩の色味は素晴らしいです。ぜひ、使ってみてください。