ヘアサロンウェーブのコラム

2014.11.27

健康と食糧事情

美容を通じて健康と食事について、現在の事情をお話したいと思います。

なぜ、日本のバターはこんなに高いの?

バターがなくなれば民間企業が輸入すれば問題は解決します。
バターは農水省が管理し利権があり独占している状態なんです。

バターだけでも農水省が10億円の利益があり、食材を自作自演の操作をしている可能性があります。
小麦も同様らしく、消費者は国際価格の2倍になり、パンが高いのはそういった理由があるようです。

現在TPP問題にからんで農水省が反対しているのは、
国からの補助金が少なくなってしまうことが見え隠れしています。

バターの国内の生産量はわずか74万㌧で、生産額は260億円しかないそうです。
国も補助金が1300億円となり、その多くは国内の農業に携わる人たちの補助金にまわるそうです。

国内の農業被害や農産物の不作によって、支払われるものも含んでいるので、
いたしかたない理由もあるので、むずかしい問題もありますネ。

こんな理由が影にひそんでいたんです。なんで国際的には余っているのに素朴な疑問がありました。

バター高騰

TPPのメリットデメリット

TPP問題のメリットデメリット

メリット

1.関税撤廃によって消費者が安くものがはいる。

2.関税撤廃の整理によって大手企業の利益が増える。

3.GDPが大幅に増え国に入る利益も増える

デメリット

1.あらゆる商品が安くはいる反面デフレを引き起こす。

2.安い農産物がはいり国内農業に大きなマイナスの可能性。

3.安全な食が失われる可能性がある。

4.医療保険の自由化により、だれでも平等にはならず貧富の差が激しくなる。

5.あらゆる業者にTPPがあてはまるため、国内が混乱する恐れがある。

6.TPPはものでけではなく、人も動きます国内でも失業率の問題が大きくなってきます。

美容室なども美容薬剤などが自由化されるため、商品などの安全が失わる可能性もあります、
人材もTPPには絡んでいるので外国人も自由に入国できる可能性もでてきます。 

現在思っている以上にTPPは問題をはらんでいます。
 

流山市にある美容室ヘアサロンウェーブのコラムです!

マンスリークーポン
ネット予約