失敗しないパーマヘア(パーマ編)

2014.12.29

パーマに失敗しない選択

自分に合った美容室でヘア画像を見せる

■自分にあった美容室で担当者をセレクト

美容室を選びが大きな比重を占めてきます。
選択はHPを見て詳細を知り、自分の希望する担当者を希望する。

自分の基準からあたはまる人に、技術の上手い人・女性か男性・・etc
髪型を伝えるときは心地よい空間で髪をきってもらえます。

失敗しないパーマヘア(パーマ編)

■ヘア画像を見せる

髪型のパーマ画像や雑誌をみせ視覚から理解してもらう。
ヒヤリングのあと美容師と髪型を共有する。

美容師から技術的なパーマのアドバイス

前回のプログでカットがパーマとの関係がかかり具合のカギを、
握ると書きましたがもう一つ大切なのは髪の状態です。

健康毛や縮毛矯正+ヘアカラーで傷めた状態では、
施術の内容が大きく異なります。

■前処理(傷んだ髪を修復)

パーマやヘアカラーで傷んだ毛質は既存毛と新生毛を分別して処置を行います。
同じロットでパーマをかけてもかかり具合が違ってくるからです。

一般的には傷んだ部分にはタンパク質を補給します。
キューティクルから流れてしまったものを足していきます。

前処理というパーマの前に新生毛に近い状態にして、
次に行うロットの円周を同じパーマのかかりにするためです。

■パーマ選択とロット選び

コスメカール(化粧品扱い)が傷んだ髪には合っています。
コスメパーマのハードタイプを健康毛に使用します。

ハードなパーマはチオグリコール酸のパーマが良いでしょう。
髪質によって適切なパーマを選ぶこともセレクトして下さい。

■施術中のテクニック

ロットのテンション(引っ張る力)やスライス幅が大切です。
かかりやすい人やパーマの質感によって、

スライス幅やテンションを弱めにしかかり具合によって調整します。

失敗しないパーマ方法
マンスリークーポン
ネット予約