関東の梅祭り名所めぐり情報

2015.01.25

これから梅祭りが関東地区で開催

今年は暖冬のため梅シーズンが早まりそうですね!
関東の有名な名所を抜粋しご紹介します。

um

流山市から車で1時間以内の『筑波山梅林』

筑波山の250Mにあり、眼下には田園風景やTX学園都市が、
遠くは東京のスカイツリーなどの景色が一望できる。

白梅・紅梅・緑がく梅など1000本と筑波岩石と梅とのコントラストが美しく、
夜灯りの岩石と梅とのコラボレーションの風景がgoodです。

近くには筑波男大神(伊弉諾尊「いざなぎのみこと」と筑波女大神[いざなみのみこと]
の男女2神が祀られており、夫婦や縁結びのご利益と150本の観梅ができます。

近くには八郷『ゆりの郷』の温泉も堪能できる風光明美な場所です。

筑波山神社があり、筑波男大神(伊弉諾尊「いざなぎのみこと」)と筑波女大神(伊弉冊尊[いざなみのみこと])の男女2神が祀られていることから、縁結びや夫婦和合の御利益とともに、約150本の梅も観梅できる。

筑波山梅林のHPはこちら➡

筑波に行った感想

筑波から流山はTXつくばエクスプレスや高速を利用し、
1時間以内ですのでアクセスが便利。

近く筑波山を始め温泉施設や野菜や果物が豊富です。
おそばや山で採った山菜の天ぷらなど、

自然環境に囲まれて癒されること間違いなしです。

神奈川県小田原市『曽我別所梅まつり』

東京から日帰りで梅の名所と富士山をを見ながら、
全国的にも有名な小田原市『曽我別所梅まつり』。

曽我梅林は梅の種類も豊富で可憐な十郎・白加賀・杉田など多くの白梅から、
観賞用の紅梅や豪華なしだれ梅も小田原の町の至るところで楽しめます。

種類が豊富でたくさんの梅が見られる場所です。

曽我梅林に行った感想

友人の美容師が小田原の友人に案内され、
梅祭りに観賞に連れて行ったのがきっかけでした。

梅の手入れは小田原のみなさんが協力して守っているようです。
私有地などに梅の木も少なくはないそうです。

よく行き届いている印象がありました。
園内は民間の割には歴史を感じさせられた印象でした。

曽我梅林のHPはこちら➡

水戸市の『偕楽園梅祭り』

水戸黄門の時代劇でも全国区の偕楽園は、
江戸時代の象徴として歴史と由緒あるところ、
一年を通してしてお祭りを開催しています。

そのなかでも2月-3月には全国から大勢の観光客が訪れ、
園内のメーンの梅祭りです。

日本三名園のひとつ水戸の偕楽園でしかみられない、
感慨深くできる建造物などもめったにみられないものが楽しめ、

梅以外でも四季にわたって楽しめる偕楽園を足を運んで下さい。

偕楽園に行った感想

広大な土地に歴史建造物が立ち並んでいます。
四季が楽しめ江戸の時代を感じさせるとっても楽しめます。

黄門様が人生の楽しみや過ごし方を、
いまの時代でもお庭に表現したものが伝わっています。

一生に一度は偕楽園にそんな感慨深いところでした。

水戸の偕楽園のHPはこちら➡

マンスリークーポン
ネット予約