ホイルワークとバレイヤージュのちがい

2015.11.23

グラデーションヘアカラーをつくるテクニック

べた塗りだけのヘアカラーでは飽きられているいま、
グラデーションカラーを活かすハイライト&ローライトをいれる。

技術の「ホイルワーク」「バレイヤージュ」の必要です。
サロンメニューの強化や単価もアップできる側面もあります。

バレイヤージュ画像

目次

1.バレイヤージュの特徴

2.ホイルワークの特徴

3.バレイヤージュの使い方

4.ホイルワークの使い方

5.バレイヤージュとホイルワークをミックスで使う

6.まとめ


バレイヤージュの特徴


01.ナチュラルなグラデーションヘアカラーを作る。

02.様々なヘアデザインコントロールができる

03.ベースCutにとらわれずデザインをつくることができる。

04.ヘアスタイルに持続性がある

05.時短、ローダメージ、ローコストで提案できる。

バレイヤージュの特徴画像

ホイルワークの特徴


01.構築的なカットベースにあったグラデーションヘアカラーを作る。

02.カットデザインにあったヘアカラーができる。

03.ベースカットにこだわったヘアデザインができる。

04.ラインがはっきりするため持続性は劣る。

05.時間がかかる、コスト高、全体に施術コスト高が大きい。

ホイルワークの特徴画像

 


バレイヤージュの使い方


キャンパスに絵を描くように髪に縦のラインで、
ハイライトを入れる技法です。

線の太さも自由自在で表現します。
アート的で日本画のようなタッチ。

毛先のグラデションのOmbreオンブレ技法
ほうきで掃いたようなハイライトを入れるSombreソンブレ技法

2種類のテクニックがあります。

オンブレ技法

■毛先にかけて色が明るくなるグラデションのようなヘアカラー。
日本でも海外でも大人気『Ombre hair(オンブレ・ヘアー)』

日本人のような髪色にもあったグラデションのヘアカラー。
日本でもグラデーションヘアカラーといっているタイプ。

このヘアカラーができる人は限られています。
自由業・学生・ファッション関係です。

ソンブレ技法

■セミやロングヘアが多いソンブレ・ヘアですが、ショートやミディアムヘアなどにもgood☆
ほうきで掃いたようなハイライトを入れます。

いまとても人気のソンブレ・ヘアですが、
ハリウッド女優や欧米人の女性が多くはこの技法を使っています。

これから日本でも人気の出てくる技法です。
顔回りから全体まで、ラインも自由で描け幅広く使えます。

ソンブレ技法画像

ホイルワークの特徴


ホイルワークによるウィービングははっきりとしたラインが特徴です。
カットデザインに合わせるようウィービングを行います。

サイドに流れるデザインの場合は縦に、ファワードに流れる場合は横に、
計算されたシャープに構築的な技法です。

フロント付近やえりあしなど、強く陰陽だすときなどは効果的な技術です。
ラインの他にローライトや幅などが調整できる。

■ウィービング

横や縦に1CM幅に髪と毛束を分けとり表現します。
ラインがはっきりするのがメリットですが、

幅やホイルワークと毛束間を工夫することでデザインに幅がでてきます。
ローライトや頭の毛束によって表現が変化がつけられます。

日本ではこの技法が一般的なグラデーションです。

■チップ

顔回りに毛先から中間毛に対して色の陰陽をみせる技法です。
ショートヘアにはサイドの部分やゴールデンポイントなどに。

セミのロングヘアやロングヘアの顔周りに入れると効果的です。

ホイルワークの特徴画像

バレイヤージュとホイルワークをミックスで使う


バレイヤージュとホイルワークの良さを活かして使う

バレイヤージュの良さとホイルワークの良さを合わせて、
グラデションヘアカラーを行うと両方の良さがでてきます。

バレイヤージュの自由自在にするヘアカラーと、
シャープなホイルワークを引き立てる技法。

下の画像は外人さんですがフロントはシャープにホイルワークに、
サイドやバックはナチュラルなバレイヤージュです。

いろいろ両方の良さを活かしてみてください。

バレイヤージュとホイルワーク 画像

まとめ


グラデーションヘアカラーのテクニックは、
一定の勉強や訓練をしないと使いこなせないようです。
ヘアカラー協会の講演やメーカーの講習など努力することが大切。

グラデーションの技術は理論など習得してはじめて身につきます。
ブログをみて参考にしていただければ幸いです。

流山市にある美容室『ヘアサロンウェーブ』は定期的に美容情報を発信しています。

マンスリークーポン
ネット予約