髪の毛の白髪薄毛予防の商品と開発

2016.02.05

白髪薄毛の世界的な発表

加齢による髪の毛の減少は少なからず不安な気持ちに、
論理的には頭皮のメカニズムはまだ謎の多い分野です。

東京医科歯科大学のグループ17型コラーゲンなど、
世界の学会で発表されている研究内容をわかりやすく説明。

併せて厚生省の認可を日本を受けている「リアップ」もご紹介します。

目次

1.17型コラーゲンが白髪と脱毛を抑える

2.大正製薬リアップX5

3.まとめ


17型コラーゲンが白髪と脱毛を抑える


世界発の国際科学誌セルステムセルに

いままで白髪と脱毛を科学的に解明されたものはごくわずか、
世界で認められている科学雑誌「セルステムセル」掲載発表。

point

1.毛包幹細胞が発現する17型コラーゲンは、毛包幹細胞の維持に必須であることが判明。

マウスによる実験によって17型コラーゲンが白髪と脱毛を促進する。
体内で作られる物質ではなく、毛包を促進する物質が見つかれば、

予防や治療薬になります。

*人間の体内から17型コラーゲンは作られない物質

2.・毛包幹細胞はTGF−βシグナルを介して色素幹細胞を維持しており、ニッチ細胞として働くことが判明。

体内の頭皮の色素幹細胞におけるTGF-βシグナルが入らなくなると、
色素幹細胞を維持できなくなり若白髪になること、

よって、毛包幹細胞を含む基底細胞でのみ17型コラーゲンを発現させると一連の異常がすべて回復します。

*ニッチ細胞とは生体内で幹細胞がその性質を維持するために必要な微小環境である。
生涯を通して未分化状態を維持するが、培養に伴って増殖能が低下する。

3.・17型コラーゲンが幹細胞の維持を介して白髪と脱毛を抑制することから、その予防や治療への応用が期待される。

17型コラーゲンを促進させる物質をみつけることで、
白髪や抜け毛の予防などに大きな効果が期待できます。

毛母細胞画像

東京医科歯科大学のグループ発表


リアップX5


有効成分ミノキシジル毛包に作用

■ヘアサイクルのメカニズム

毛髪は一定周期によって生え変わり、自然に抜け新しい毛が生えてきます。
このこの繰り返しをヘアサイクル(周期)といいます。

ホルモンバランスなどによって休止期が長くなり女性が子供を産んだ後に、
毛が抜けて落ちていくのこともヘアサイクルの一つ。

この繰り返しをヘアサイクル(毛周期)といいます。
ヘアサイクルは、成長期(初期・後期)、退行期、休止期(産後など)に分かれ、
それぞれの時期の毛髪・毛包によって形成されています。

ミノキシジル画像

ミノキシジルとは

簡単にいいいますと男性型脱毛症や若ハゲのことを指します。
人によっては20代から悩ませている壮年性脱毛症ともいいます。

成長周期が短くなって細く短い毛になってしまいます。
では・・・どうしたら?

●リアップX5プラスに含まれる有効成分

1.毛包細胞ミノキシジルが直接作用して、
休止期から初期成長毛包への移行促進作用させます。

休止期に作用し毛包細胞を活性化します。

2.細く軟化した毛を太く改善させ、小さくなった毛包細胞を大きく皮膚深くに浸透させ、
髪の育毛の促進を育みます。


まとめ


東京医科歯科大学のグループによる17型コラーゲンは、
世界の著名な科学雑誌に発表し掲載されたことは科学的に認められた。

日本の科学界でも画期的なことで、
もっと進めばノーベル賞も夢ではありません。

現在の抜け毛予防では大正製薬の「リアップ」が厚生省の認可され、
認められましたがまだ日本だけのレベル。

17型コラーゲンは白髪の原因も広くしかも、
世界から認められたことは高く評価してもいいでしょう。

マンスリークーポン
ネット予約