おしゃれな50代ヘアスタイル

2016.04.16

キーワードを押え若々しく

50代のヘアスタイルはメリハリの効いたフォルムやボリューム、
ツヤが欠かせませんが、最近カジュアルで若い人も多いですが、

50代のキーポイントのカット技法や、
ヘアカラー剤やパーマ施術などをご紹介。

おしゃれな50代画像

目次

1.メリハリ・重さと軽さ・前髪やえり足にある共通点

2.ロングヘアについてのキーポイント

3.50代にあったグレーヘアカラーとパーマテクニック

4.まとめ


メリハリ・重さと軽さ・前髪やえり足にある共通点


50代に共通するカットテクニック

■前髪を短くラウンドにカット

前髪と後頭部の膨らみが50代のポイントになる部位ですね、
フロントカットを短くラウンドで丸みをもたせることで、
前髪は目ジワやこめかみのくぼみをカバーします。

若いこのように長めに前髪を切ると、
うるさくなってかえって老けてしまいます。

フロントが短くなるとサイドや後頭部のつながりから、
動きがでてきて柔らさがプラスされます。

後頭部の一定のかるさとボリュームと、
えりあしの引き締めによってメリ八りのあるヘアデザインに。


ロングヘアについてのキーポイント


ウエイトを上にツヤ髪を表現

目ジワやホホ骨からの顔の皮膚のたるみなどから、
若いこのようなくびれのあるヘアデザインはないのが特徴です。

くびれのないロングは若いこのように「くびれ」をつくると、
顔まわりやぼんのくぼ部分が引き締め効果によって毛量が少なくなるからです。

前髪はラウンドでカットしながら透け感を出すラインに、
また丸みのラインによって目尻も隠すことで、奥行き感を出します。

前からみてウエイトが高めに設定し、
ひし型のシルエットになったことで視線がうえにいきます。

あご下のカールは毛先を中心にカール、
根本からカールしすぎると派手めな印象になります。


50代にあったグレーヘアカラーとパーマテクニック


髪にあったカラーとツヤ感が出るような薬剤を

傷みを迎える、ツヤ感を維持する、肌を美しく見せる。
白髪が出る世代ですが、昨今は髪の刺激やしなやかな大人世代のヘアカラーが出てきています。

■ウエラソフタッチ

ソフタッチはペーハーが中性であるヘアカラーで、
通常のヘアカラー剤の半分の濃度でなめらかにしなやかに仕上げます。

髪の傷みを迎え、クリームタッチで浸透がよくトリートメント効果があります。
アルカリ剤の毛先や白髪染めなどに使用します。

アルカリ剤は毛先まで染めてしまうと、
ダメージも大きくツヤ感のある髪が損なわれます。

地味なヘアカラー剤ですが効果も高く、
有名サロンでも多くの美容師に支持されています。

ソフタッチ画像

■ホット系パーマとクリープパーマ

デジタルパーマを上手に使うことで、
50代の人は加齢が原因で髪が細くなったり、クセ毛になったりするので、
若い頃とは髪質とは変わります。

デジタルパーマのロットや放置時間やスライスを、
工夫することによって美しいパーマが可能になります。

傷んでいる髪質・・・
温める放置時間を通常の半分(10分以内)に、ロットを太め、

することで通常のパーマではキレイにかからないのに、
ホット系パーマではとてもキレイにかかります。

大人世代施術中画像

まとめ


50代だからといってもキレイな人はいっぱいいるし、
ベースのヘアカットは大きくかわらないですね。

ただし、メリハリや抜け感など年令のいったマイナス部分をカットや、
ヘアカラー&パーマなどでプラスに変えることが可能です。

そんな50代をテーマにまとめてみました。

流山市美容室ヘアサロンウェーブは、
美容情報を発信しています。

マンスリークーポン
ネット予約