環境衛生公庫で美容室を開店する方法

2016.08.17

勤めた年数と信用が重要です

美容師を初めたキッカケは「自分のお店を開くため」と、
そんなときに役立つのは厚生省の認可している環境衛生公庫です。

公金のお金で開業資金で美容室も持つ、
お金のない人にとってはありがたい組織です。

お金の借り方や審査のポイントをご説明します。

美容室 画像

目次

1.開業資金の3分の1は自己資金が基本

2.環境衛生公庫のポイント

3.出店計画を練っておく

4.まとめ


開業資金の3分の1は自己資金が基本


将来のためにも3分1は貯金でまかなう

なんといっても美容室を開店して成功するのも失敗するのも、
自己責任ですから資金は貯金でまかないたいものです。

坪数にもよりますが最低でも1000万円であれば、
300万円の貯金が必要です。

美容室で勤めながらして努力してお金を貯金する努力が大切。
毎月ちゃんと貯金をしていれば公庫の心証もちがってきます。

美容室画像

環境衛生公庫のポイント


60-70-80年代のヘアのコレクション

【金融機関にも信用に必要なもの】

同じ美容室で長いほど有利に融資が受けられるます。
務めていた先生(経営者)からの推薦状があるとなおいいです。
(金融審査において勤めていた経営者の推薦状は人格的なものも優位に。)

美容師は技術職なのである程度の離職は認められますが、
一定の期間の3-5年ほどの最低でも勤めていた証明は必要です。

毎月きちんと定期的に小額でも貯金の証明になる貯金通帳も重要です。
貸出担当者が確認しお金に対しての考えかたがわかるからです。

1.勤め先の経営者の推薦状
2.毎月振り込まれた自身の貯金通帳
3.過去3年間の所得証明書
4.出店のための計画書

大きくわけてこの4つが貸し出しのポイントです。

環境衛生公庫 画像

出店計画を練っておく


出店先の立地をリサーチ

美容室を回転することにおいて立地場所はポイントになります。
商業地か住宅地かによって予算やスタッフなどちがってきます。

おおよそでいいので出店の前に計画を立てる。
計画があると出店字のスタートに失敗するリスクをさけることができます。

お金やスタッフいがいは技術をしっかり磨いておく必要があります。
あとは人柄や人から信頼でき人間なることも大きなウェートを占めるようです。

流山市美容室ヘアサロンウェーブは、
ブログで美容情報を更新しています。

マンスリークーポン
ネット予約