メラニン色素の役割

2017.01.18

メラニン色素の構造

毛髪では毛母細胞(メラノサイト)において、
ユウメラニンやフェオメラニンが作られ、

アミノ酸の一つであるチロシンの原料である、
メラニン合成酵素(チロシナーゼ)の作用によって、

酸化重合をつくり出し、髪の色素が多いほど髪は黒く皮膚も黒くなります。
毛髪は乾燥・紫外線・キューティクルなど、光沢感の消滅など影響を受けます。

メラニン色素は外からの有害な紫外線を吸収し、
頭部や身体を守る働きがあります。

長い年月により北の寒い場所に住んでいる人の肌は白く、
南(沖縄)に住んでいる人は黒くなります。

メラニン色素が長い年月をかけて細胞を変化させたものと考えられています。

『髪色とメラニン色素』
アジア系はメラニン色素が大きくなったり、量が増えることで光を吸収して黒く見えます。
白人の人の髪色はメラニン色素がないと光が乱反射して白く見えます。

『メラニン色素の種類&量』
髪にはユウメラニンとフェオメラニンがあります。
日本人はユウメラニンが多くフェオメラニンが少ないために黒髪に見えます。

日本人メラニン色素画像

白人はユウメラニンが少なくくフェオメラニンが少ないたに白く見えます。

白人のヘア画像

流山市にあるヘアサロンウェーブは、
ブログで美容情報を更新しています

マンスリークーポン
ネット予約