夏の皮脂と汗の関係

2017.05.31

夏にかけてお肌に知っておくこと

A.皮脂と汗の関係 B.スロンシリーズ(パミロール)
みなさん皮脂の量てどれくらい分泌するかおあわかりですか?季節や年齢や性別によって異なりますが、おおよそ1日当たりで1~2gです。その中でもも体の部位によって変化しますが、一番多いの頭皮の皮脂量です。お肌のケアと同様に頭皮も大切です。皮脂量が少ないと乾燥し、皮脂量が多いとフケや皮脂がたまりベタつきを招きます。皮脂と汗に大切なことをチェックします。

夏の皮脂と汗の関係

①皮脂と汗の関係 
「体内環境を整える体内サイン」
夏の暑いと感じる、冬は寒いと感じ、緊張したとき冷や汗をかくなど体調を整えるのが皮膚の役割です。「夏に庭先にみずをまく」まいた水によって水は蒸発し、まいた水が周辺の熱を奪い蒸発(気化熱)します。これは、夏の暑い日に肌の上で蒸発し体温を下げることができます。

皮脂の分泌量の多い部位・・・メイクなどでも汗など発汗しやすい部位は、Tゾーンのおでこや鼻、あご付近が多くなります。冬は皮脂量が少なく、夏は冬の2倍の分泌量が多い。食事で夏は分糖や脂肪分の多いものを摂取しましょう。ただ、脂質のとりすぎは脂肪が汚れとなって臭うことがあるので注意が必要です。
皮脂と汗の関係

ニキビっててなぜできるの・・・「アクネ菌」ニキビは皮脂量が詰まって、その油を目当てにアクネ菌があ増殖し、炎症を引き起こします。年齢的には思春期がに多く皮脂分泌量が原因です。また、皮脂量は男性の方が多く、phも女性よりも高いので脂漏性になりやす、phがすこし高い女性は乾燥肌になりやすいようです。

②スロンシリーズ(パミロール)
「薬剤師からスタートしたパミロール」
みずみずしさが伝わり肌に浸透するのがわかる基礎化粧品です。けして大きなメーカではありませんが、確かな商品を販売するメーカです。ヘアサロンウェーブでは頭皮の皮脂を除去する「クレイセル」もヒット商品です。商品の内容成分も質にこだわった化粧品ですので、メディアにも広く取り上げられています。

スロンシリーズ(パミロール)

マンスリークーポン
ネット予約