皮膚を若々しくするコツ

2017.06.07

皮膚のメカニズムと体調管理がカギを握る

A.ホメオスタシスの役割 B.内部の体調管理が大切
皮膚の構造は、「表皮」「真皮」「皮下組織」に区分けされており、表皮は毛髪でいえばキューティクルの役割があり、外からバリアのような働きがあります。真皮はコラーゲンの潤いや、ヒヤルロン酸の弾力などをつくり出します。皮下組織は皮下脂肪と呼ばれていますが、クッションや体温などのバランスを整えています。

皮膚を若々しくするコツ66

②ホメオスタシスの役割
外部からの環境変化に対応し皮膚を保湿能力と保護する役割を、「ホメオスタシス」恒常性維持機能が携わっています。その中でも保護作用は外部刺激を守ります。1.外から物理的な刺激例(クションの役割)や化学的な刺激(化学刺激)や、紫外線などの熱線や外部からの殺菌など、皮膚の内部を守り体温を守るさまざまな働きがあります。皮膚にはなくてはならない大切な役割があります。

ホメオスタシスの役割

②内部の体調管理が大切
皮膚の役割や構造を簡単に説明しましたが、お手入れや知識いがいに大切なことは、睡眠、運動、食事をバランスよく摂取し筋肉を動かすことです。高い基礎化粧品を買って肌に与えても、規則正しい生活をしていなければ、肌のハリや保湿を高めることはできません。皮膚で大切な役割として体温調節作用がありますが、運動をすることで体温が上がり、外に多くの熱を排出するようにし、寒ければ血管を収縮し体温を低くするこを迎えることも、全て皮膚器官の働きによるものです。健康状態や睡眠が深ければ栄養状態も高まり、角化作用(約4週間)も高まり良質の皮膚再生によって滑らかな素肌を維持できます。

 

内部の体調管理が大切

 

 

 

マンスリークーポン
ネット予約