美容師さんの接触性皮膚炎はどのタイプ

2017.08.18

痛さやかゆみによって皮膚炎のタイプを変わります

A.アレルギー性接触皮膚炎.B.一次刺激性接触皮膚炎
アレルギーの一番の原因は乾燥だと言われています。べたついた過剰は皮脂を分泌された人にも起こりますが、この場合は「汗」が要因として接触皮膚炎の症状も出てきます。例として金属はイオンになることはありませんが、汗や汚れによってイオンに傾き発症します。美容師の場合は薬剤やシャンプー剤など触れることが多く、接触皮膚炎の症状に悩まされます。

アレルギー性接触皮膚炎(ACD)
免疫反応を示す反応をアレルギーの接触皮膚炎と呼びます。一時接触皮膚炎は刺激物が触れた部位に反応し発症しますが、アレルギーの場合はアレルゲン(体内で生成された物資)により免疫反応を起こさせます。

ある物質によって感作(かんさ)しやすい状態になることを言います。花の花粉などに触れてかぶれなどを起こす場合はアレルギー接触皮膚炎です。

アレルギー反応は直接触れた部位いがいに発症します。一次刺激性接触皮膚炎は触れた部位で発症します。

一次刺激性接触皮膚炎(ICD)
最初に触れた部位に発症します。免疫反応に基ずかないので初めてでも皮膚反応を起こします。美容師の場合はパーマやヘアカラーを急性接触性皮膚炎に、シャンプーやトリートメントなどで累積刺激性接触皮膚炎と分別されます。

いずれもアレルギー反応や非アレルギー反応など発症しやすく、予防は皮膚などの水分をよく拭き取り、手荒れ専用のハンドクリームなどを、まめに塗布する必要があります。

ヘアカラーやパーマは刺激の弱いタイプの薬剤や、弱酸性のシャンプー剤など使用をおすすめします。

おすすめの塗り薬・・・ケラチナミン20%尿素配合 興和株式会社

 

体の中の水分を飛ばさないようにします。尿素が保湿力を高めてくれます。美容師さんのファンが多い!

マンスリークーポン
ネット予約