美容師さんとアトピーの関係

2017.09.05

接触性皮膚炎の混合型が多い

A.一次接触性皮膚炎 B.アレルギー性接触性皮膚炎  
アレルギーは大きく大別して2種類です。
一次接触性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎です。
化学物質に触れるきかいが多いわれわれ美容師は、

シャンプー-トリートメント-ヘアカラー-パーマなど、直接触れ悪化する場合が多いです。そのための原因と対策を知る必要性があります。

1.一次接触性皮膚炎の原因
一次接触性皮膚炎とはいっても扱う薬剤によって種類が変わってきます。

1.急性刺激性皮膚炎のヘアカラー(アルカリ剤)パーマ(アルカリ剤)は刺激されることで反応します。

2.累積性接触性皮膚炎は続けて使う薬剤です。シャンプーやトリートメントです。

3.皮膚疲労性皮膚炎薬剤全て含んだ疲労性のです。症状はかゆみ紅斑、落屑、丘疹などが手の内側などに表れます。アレルギー症状は蕁麻疹などが表れます。

症状はかゆみ紅斑、落屑、丘疹などが手の内側などに表れます。アレルギー症状は蕁麻疹などが表れます

予防方法
1.こまめにハンドクリームをつけ保湿性を高める。
2.手の内外と水分をふきとる

3.薄い手袋をする。

2.アレルギー性接触性皮膚炎
一次接触性皮膚炎は刺激物に触れて発症し、
誰にでも起こりうる疾患です。

アレルギー接触性皮膚炎はアレルゲン物質に触れることで発症します。アレルゲン物質をつきとめ触れないことが大切でづ。美容師の場合は一次接触性皮膚炎とアレルギー接触性皮膚炎に同時に発症する混合型が多い。

マンスリークーポン
ネット予約