薄毛のメカニズムと頭皮環境

2017.09.07

頭皮が薄くなるのには理由がある

A.遺伝・食事・ストレスによる影響 B.男性と女性と分かれる脱毛症
なんといっても髪が抜ける薄くなるのは、男女を問わず気がかりなもの。
髪が薄くなる理由にはわけがあって、知ることにより心がけも変わってくるものです。
脱毛といってもいろいろな身体の状態によって変化します。

産後脱毛症(ホルモン)びまん性脱毛症(女性に多い)壮年性脱毛症(男性)と、
全ての脱毛症は7~8種類あります。
始めの3種類について説明します。

 

1.遺伝・食事・ストレスによる影響

壮年性脱毛症は一般的に男性が悩むパターンの脱毛症です。
前頭部から側頭部にかけて薄毛になる脱毛症です。
毛穴にある毛包を失うものではなく、

新陳代謝のサイクルが短くなり、髪が細く短くなることで薄くなります。
薄くなる理由は因子を持ち合わせている「遺伝」が大きな理由のひとつです。
その他には脂分の多い食生活や、生活の不規則なにとが原因です。

遺伝性のものは体質改善をしても薄毛を改善することはむずかしいですが、
薄毛になる理由を理解することで脱毛に対しての対処も考えることができます。

2.男性と女性では脱毛症の症状はわかれる

男性はおもに前頭部にかけて薄毛になってくる脱毛症が多い、
びまん性(一面に薄毛に広がる)脱毛症は女性は頭全体が薄毛になる脱毛症です。
早い人で30代くらいから発症します。

ホルモン異常によって見られる「産後脱毛症」はバランスが崩れることで、
ヘアサイクルの乱れることて脱毛を引き起こす。
髪のサイクルが乱れ髪が抜け落ちて薄毛や抜け毛を引き起こします。

半年から1年くらいで回復します。

●遺伝・不摂生・食事・ストレス「薄毛の原因」
遺伝性は因子をもっている場合はしっかりうけとめる必要がありますが、
ストレスや不摂生や食事などは注意力によって改善されます。

脂分の多い食事に偏ったために、毛穴などに皮脂などがたまり細菌の繁殖を起こし、
抜け毛やヘアサイクルの乱れを起こし薄毛になります。
複合的にストレスなど重なると頭毛環境が乱れ悪化します。

このような皮脂の過剰分泌による脱毛症を「脂漏性脱毛症」といいます。

マンスリークーポン
ネット予約