七五三に喜ばれるヘアセット

2017.10.24

髪質に合うアップヘアを提案する

A.イメージに合わせたヘアセット  B.大き過ぎず小さすぎないヘアセット

七五三は3歳と7歳では髪質などもちがうので、まず、毛質を考えヘアデザインを組み立てます。
カットやカラーやパーマとはちがい、ヘアデザインを決めることが大切です。途中からのやり直しができないからです。
あとはイメージに合わせてヘアデザインを考えます。

1.イメージに合わせたヘアセット 

古典なヘアセットか成人式のようなヘアセットかによってヘアデザインは変わってきます、
あとは七五三をするお母さんの希望を聞いてほとんどヘアスタイルは決まります。
例年の傾向は成人式のゆうな大人のヘアセットを希望するお母さまが多いく、洋風な着物に合うアップヘアが多いです。

3歳の子ですと髪の長さや髪質で決まるので髪飾りが大切です。
可愛い感じに仕上げることでイメージ合うからです。
7歳くらいになると大人の女性とほとんど同じヘアセットです。美容師も勉強していないとイメージに合わないヘアセットを作るので注意してください。

2.大き過ぎず小さすぎないヘアセット

子どものヘアセットの一番のポイントです。
大きすぎると田舎っぽいヘアセットになって、
せっかくの七五三が台無しになるからです。

また。小さくなりすぎると着物のボリュームに負けてしまい、バランスが悪くなってイメージに合いません。
かならず着物とそして子どもさんの顔や身長に合わせたヘアセットを作るのが基本です。
メークは古典のイメージは赤を貴重とした赤い口紅が基本です。

髪飾りも今の時代にあったやや大きめの色鮮やかなものを選ぶようようにします。
染料が濃くしっかり入るイルミナは割合が高いようです。
もしも。深く入りすぎた場合はティントコントロールで染料を抜いて対処しましょう。

 

マンスリークーポン
ネット予約