バリアフリー化(高齢化)を目指した美容室作り

2017.12.08

この20年後には年金問題は解決すると言われています

A.20年で人口が減る美容室対策 B.美容室もエイジレス世代に活路を見いだしている

年金の引き上げを政府は断続的に進めています。
団塊ジュニアから花子世代の人口密度を高く(40~50代)、財政を圧迫しているからです。
コンビニなどはスポーツクラブや地域の高齢者世代などコミュニティーをお店に併設しています。

グーグルプレイスもコメントもとりあげて、車イスやバリアフリーなど推進しています。
社会全体に流れるこの10年音ずれようとしている課題を問題定義とビジネスチャンスととらえています。
美容室も同様で早めに高齢化社会を考える必要があります。

1.20年で人口が減る美容室対策

2017年の厚生労働省の発表によると人生100年の見通しを立てているようです。
いままであたりまえであったことがそうでなくなる社会がこの20年は間違いなく待ち構えています。
お客さまの人口密度もいまの40~50代が一番高く、ビジネスゾーンになっていきます。

必要になってくる課題は車いすや高齢者がふえバリアフリー化を余儀なくされていきます。
車いすや建物に段差がないようお店も改良されるようになって、
年配の人たちが美容室などに通いやすい必要性が高まります。

ヘアサロンウェーブ「流山セントラル店」では、車イスでも段差がないような設計になっており、
高齢者の人や寝たきりのご病気の車イスが必要な個室も完備。(通常はエステルームで使用)
ヘアセット面からダイレクトに鏡が設置しやすいよう設計されています。

2.美容室もエイジレス世代に活路を見いだしている  

ヘアサロンのお客さまの層も40~50代が多く、人口密度が高いので、
働くスタッフも若いスタッフとベテランのスタッフがバランスが大切です。

ヘアカラーやパーマメニューも年代などを加味した薬剤が発売されています。
キーワードはダメージを少なく、ツヤ感をだすメニュー開発がカギになっています。

ヘアカラーはエイジレスタイプの明るく髪にやさしいシュワルツコフの、
「エッセンスシティカラー」ノンシリコンオーガニックカラー。
パーマはアリミノのプリズムプラスはダメージを小さく質感をアップなど、

世代に合わせて薬剤はもちろんダメージを小さくするタイプが多い。

 

マンスリークーポン
ネット予約