ヘアダメージの対処方法とは

2017.12.07

乾燥とコルティクス内を補充する

A.髪の栄養分を保湿・捕修をする B.毛髪別のダメージ部分の処理剤による改善策

ハイトーンヘアカラーのヤング層や、
グレイヘアカラーとパーマを繰り返している大人世代の人など髪に乾燥しています。
タンパク質であるPPT補充し髪のコルティクス内に栄養補給や、

ダメージを負った部分にトリートメントや乾燥部位に水分補修が大切です。

●今年に入り毛髪内のタンパク質であるシステインに働きかける処理剤が発売
※画期的な処理剤「オラプレックス OLAPLEX 」「シスチン結合に作用し仕上がり感を持続させます」
ヘアサロンウェーブOLAPLEX紹介はこちら→

1..髪の栄養分を保湿・捕修をする

1.PPTは毛皮質がダメージからタンパク質が流れ出したコラーゲンで保湿し補修します。

キューティクルな剥離から流れ出てしまった部分を、PPTが保湿・栄養を与えます。
髪の内部を強化するために動物からとったタンパク質を、酸素・酸・アルカリを1000以下
ミクロ単位で加水分解タイプを髪全体に塗布し栄養を与えます。

2.トリートメントなど油脂を乾燥した部分に塗布する。

健康毛はキューティクルの枚数が多く、毛髪内の水分が多いため薬剤の浸透が悪い。
ダメージ毛は髪質内に水分が不足しているため、パーマ剤の浸透がよくかかりすぎることがあります。
トリーメントを毛髪に塗布することで浸透を遅くすることでチリツキを防ぎます。

3.施術中の水分補給

乾燥すると水素結合が切断しないので、水素結合が切れずにパーマが均一にかかりません。
パーマ施術の際にペーパーを巻く前に水分を与え、巻いた後にも霧吹きスプレーで浸み込ませます。

2.毛髪別のダメージ部分の処理剤による改善策

1.乾燥毛に対しての処置 コラーゲン補給

毛束を10本程度とってみて硬い毛触りであれば乾燥が進んでいます。
コラーゲンを毛髪に与えることで水分保湿力が高まりしなやかさを与えます。

2.ハリ・コシを与える処置 ケラチン補給

髪を握ってみて毛髪が突っ張るようなクセが出ない場合は、
ケラチンが不足しています。ケラチンは毛や爪などに多く含まれていて、繊維質を補強する働きがあり、
間充物質によってハリコシが生まれます。

3.保湿効果を与える処置 油脂補給

髪のダメージに油分を補給させ、髪の水分を与え保湿を高めます。
軟毛や細い毛のタイプは皮脂が多いタイプは、髪のハリをなくすので使い方に注意します。

エイジレスや髪質の対応の髪質判断の内容を更新しブログで発表します。

 

マンスリークーポン
ネット予約