デジタルパーマの質感を活かす長さ

2018.02.26

デジタルパーマはコールドパーマでは出せない質感を表現する

1.大きなふんわりカールとやわらかな質感 2.ショートヘアのボブは質感が表現が半減

デジタルパーマは一般論としてショートヘアやボブの長さよりはロングヘアがベストです。
おおきなふんわりとしたカールは、コールドパーマとはちがう質感だからです。
熱と薬剤の力を使うことで「パリッとした」持続性の高いカールが得られます。

1.大きなふんわりカールとやわらかな質感 

お客さまから毛先だけの方向性のカールがほしいなどかかり具合について要求があります。
ロングヘアに毛先だワンカールにすることで手入れが楽になるからです。
かかりすぎずに毛先だけをかけるのはデジタルパーマならではですね。

基本はロングヘアに大きなカールヘアがデジタルパーマの質感です。
コールドパーマではパリッりとした質感は得られないですね。
水でぬれていたカールは弱めのカールですが、乾いたドライ状態で本来のふわカール表現されます。

2.ショートヘアのボヘアブは質感が表現が半減

ショートヘアやボブの長さでもデジタルパーマは行えますが、
地肌にあたる熱が頭皮に炎症をおこしたり、J状のウェーブ感は得られますが、
S状のようなウェーブ感は長さなどの関係からショートヘアやボブヘアはできないことがあります。

デジタルパーマのセミナーを受けた時に講師から「ショートヘアやボブ」は適していないと、
理由はデジタルの質感であるS状カールができる長さではない、地肌に熱があたりやけどのような症状をおこすこと。
パーマがかけられないことはありませんが、十分にヘアデザインにあうよう施術しましょう。

上画像のように毛先だけのJ状の弱めのカールヘアです。

マンスリークーポン
ネット予約