大人世代のパーマヘア

2018.06.20

若い世代の髪質の弾力性が落ちてくる

1.ケミカル(薬剤)とロッドでコントロール 2.軟化がポイント

若い頃とはちがい髪質の弾力性が落ちてきますので、パーマ剤やロッドによる軟化をバランスを見ることが大切です。

加齢や髪のダメージによる毛髪の状態を見極めることで、パーマのかかりをコントロールします。

1.ケミカル(薬剤)とロッドでコントロール

パーマ剤の開発力は進ん出いますが、扱うパーマ剤を美容師自身がお客さまの希望をくみとれるからが大切です。
お客さまの希望のヘアデザインに対してパーマのタイプが選び、ロッドを選択が決め手です。パーマ剤もコスメパーマのソフト・ハードを使いこなし、髪の状態によっては時間差を調整する。

ダメージが強い場合は水巻にすることで、クルクルなパーマにならないように調整します。加齢によりパーマがすぐとれる人には、ハードタイプのパーマ剤を使います。

ただし最近はコスメパーマが多いですが、髪の状態によってはシステインで弾力が富むようなパーマを表現します。

古着は楽天やZOZOTOWNもお店やサイトの信頼度で見て買えば失敗はほとんどありません。

2.軟化がポイント

薬剤やロッドいがいに気をつけないといけないことは、1剤後の軟化タイムが大切です。特に髪質が変化している大人世代の人は、若いころとは変わりパーマがとれやすくしかもかかりずらい傾向があります。

放置後の髪の状態を見極めを誤ったり、時間を置きすぎるとクルクルになり失客の原因に、カウンセリング時の髪の状態を見て、パーマ剤の時間の調整具合や、カットの削ぎ具合でかかり具合をコントロールします。
かかり具合の悪い健康毛は1剤を10分前後くらい放置します。

1,髪質の状態を見てパーマ剤を選択

2,ロッドの大小で調整する

3,1剤の放置タイムで調整

4,カットの削ぎでコントロールする

 

 

 

マンスリークーポン
ネット予約