美容師さん足を病気の改善方法

2018.07.15

立ち仕事が多くふくらはぎに疲労がたまらない

1.すこし前に歩き小股から大股の動作を行う 2.血液の循環を良くするよう心がける

普段より半歩さきに歩くことで筋肉の代謝があがり足やふくらはぎの疲れも軽減する。
スタイリストは1日中サロンで仕事を行うため足とくに、ふくらはぎに疲れがたまりやすい。
仕事後の足のケアや体全体のストレッチや、体を冷やさないことが大切です。

体が冷えると体が温まった状態に比べ10%の代謝もおち、太りやすい体になって脂肪がつきやすい。
1日の疲れはお風呂で温めストレッチすることで予防することが可能です。

1.すこし前に歩き小股から半歩先に歩くように

美容師であるスタイリストはアシスタントとはちがい、1日中立ちっぱなしもめずらすくありません。
歩く動作が多くつねにふくらはぎからアキレス腱周辺を過度に使うために、疲労や歩き方などでふくらはぎを痛める。
美容師の場合は足の疲労がたまり筋肉に脂肪がたまり、1日の生活リズムも不規則なためにふくらはぎも痛めやすい。

予防法としては歩き方を半歩先に歩く、体の疲れを残さずお風呂で”温める”こと、ストレッチングを行い代謝をよくする。
女性の場合はハイヒールなどつま先に体の重さがかかり、足の甲を痛めふうくらはぎにも負担がかかり、
最悪の場合は外反母趾の病気を引き起こすこともあります。*外反母趾は遺伝性が高い病気で要因

その他の予防策としては足の指を動かすことで、足の裏の筋肉を鍛え代謝を良くします。
ふくらはぎから足の裏の筋肉はつがっていて、足の指を動かすことで足の疲労予防につながります。

2.血液の循環を良くするよう心がける

歩き方と筋肉の減少は深い関係があります。女性は歩き方など小股から、半歩先に大股にすることでふくらはぎの筋肉の代謝にもつながります。
足は地面に一番はじめにつくのはかかとからを意識し、足全体を使うことでバランスも良くなります。
バランスを良くすることは血液の循環につながり血行も良くします。

代謝を良くなることで筋肉も増えてけがの予防につながります。
美容師の場合は「下肢静脈瘤」によって足のふくらはぎや太ももに静脈など病気を引き起こす。
1日の疲れをとるのと同時にストレッチやお風呂などで代謝を良くしましょう。

下肢静脈瘤の病院はこちら⇒
お茶の水血管外科クリニックはこちら⇒

マンスリークーポン
ネット予約