館山市のまちづくりに貢献する花々たち

2018.07.19

館山市にはフラワーセンターを始め色とりどりの花が咲きほこる

1.館山市が花とまちつくりに力をいれらています(1年中咲きほこる花々)

毎年2回ほど釣りや観光で訪れています。海の透明度は厚生労働省からのAの最高ランク。
海の美しさと同様に温暖な気温が花が1年中咲き誇るまちでもある南房総の館山市です。
美しい海と花をご紹介します。

1.館山市が花とまちつくりに力をいられています(1年中咲きほこる花々)

館山市にある花栽培の店で働いている私の姉の影響で館山市にはご縁があります。
1年中花が咲き誇っていて南房総には「フラワーロード」があるくらいです。
春にはポピーや夏のひまわりまで花壇用から、花屋さんが扱うものまでたくさんの種類があります。

ポピー

ケシ科の植物の実からとれる乳液は、病院なので医療品として使われ代表的なものは「麻薬・睡眠導入剤」として使われ。
花言葉も意味を連想させる「なぐさめ・想像力・やさしさ・心の平静」など人の気持ちをなぐさめる言葉に用いる。

ポーチュラカ

夏の暑さにも負けない「いつも元気・無邪気・自然愛」花言葉とされ原産国は、南アフリカとされていますが解明されていない。
食用としても知られポーチュラカの葉には、中性脂肪などコレステロールを下げる働きもあり健康食品(サプリメント)などにも使われる。

パンジー

パンジーの花言葉は「もの思い・思い出」などロマンティックなイメージです。
北欧の自生するすみれから交合して作られた品種。冬に咲く代表的な一種です。日本にもとても人気があります。

菜の花

菜の花といえば川沿いに咲く初夏の風物詩として市民にも親しまれている。花言葉「快活・明るい」
一般的には菜種油をとるためのナタネ、食用のナバナがあります。食卓でも菜の花油として大手メーカーが売り出しています。

ガザニア

ガザニアは家で楽しむには簡単に育ってくれる。水や日光さえあれば自然に育つ花です。花言葉も「笑顔で答える・身近な愛」人間味がありますね。
花の色もさまざまで、黄・オレンジ・ピンクやストライプなど室内や植える場所によって選べます。

あじさい

梅雨時期に咲く花として日本人にも親しまれている。初夏に咲く代表的な花として楽しむ人が多い。
花のいろもいろいろで花言葉も「移り気」など浮気をイメージの他に「家族団欒」などポジィティブな印象もある。

サルビア

暑さに強く夏から秋の公園や学校などに使われる。
甘い蜜がハチや蝶々などが夏によくみかけます。こどもなども蜜をすっているのもみかけられます。

その他にもたくさんの花々が栽培されています。マリーゴールド

 

 

 

 

マンスリークーポン
ネット予約