大型ヘアサロンと小型店のヘアサロン選択

2018.07.18

美容室を選ぶときにどこがちがうか来店するときの迷う「大型店」「小型店」

1.強みと弱みを把握する 

ヘアサロンが大きいということはスタッフの人数も多いので選択肢が増える。
小さいヘアサロンの場合はマンツーマンの施術が受けられるので失敗も少なく確実性がある。
大きいサロンや小さいサロンのポイントは方向性・技術・価格など見極めることが必要です。

1.強みと弱みを把握する 

大型店や小型店を問わずヘアサロンの方向性を確認すること。
薄利多売のようにまずは価格なのか、ブランドヘアサロンなのか、ヘアメニューの強みは何なのか、
その中から一つ一つ掘り下げて考える必要があります。

【安さ】

小型店の場合は生産性がこなせないので”安さ”で勝負するヘアサロンには限りがあります。
大型店の場合はスタッフが手分けして施術を行い、スピードと材料のコストを下げて行いやすい。
小型店の場合は数よりも質で勝負するヘアサロンが多い。

いずれのヘアサロンを利用する場合は”なにを”重視するかによって、ヘアサロンを選ぶポイントです。
では、内容つまり質で勝負する場合は大型店・小型店いずれにするか?
ホームページをみてサロンの内容を確認します。

【内容】

カット・パーマ・ヘアカラーの中から重視する項目を選ぶ。
ヘアデザインはカットがベースにですが、その時の状況によってヘアメニューが変わるのも事実です。
大型店の多くいるスタッフの中から選ぶか、選択肢が少ないですが確実性を選ぶ小型店。

ホームページで選ぶ特典は写真やスタイリストの作品を選んで指名もできます。
大型店でも小型店でも自分が思ったスタイリストを選ぶ特典があります。
接客面ではリラックスを重視すれば小型店。にぎやかな雰囲気であれば大型店です。

【まとめ】

いずれにしても自分の好みで選ばれることが大切です。
若い世代であればにぎやかなヘアサロンで、大人世代であれば落ち着いたヘアサロンを選択。
ヘアデザイン志向や、格安サロンや、接客重視のヘアサロンなどアプリ(美容検索サイト)など内容で決定してください。

 

 

マンスリークーポン
ネット予約