流山から行けるお魚市場 銚子・大洗

2018.08.17

千葉・茨城は季節感のある観光地が多く距離も近い

1.九十九里の「砂風呂」銚子「大漁旗」 2.ひたちなか市の「那珂湊おさかな市場」

流山市は高速道が多く常磐道~東関東自動車道などアクセスがよい。
箱根や熱海方面は都内を通らないといけないので距離や、高速料金も高いので気がひけます。
今回ご紹介する九十九里やひたちなか市は、夏・冬の観光地のわりに人も少なく交通量も少なめです。

1.九十九里の「砂風呂」銚子「大漁旗」

九十九里は波のりサファーのメッカで若い世代が多い場所です。
夏は家族連れも多いですが外房のために波も高いため、小さい子供を連れたファミリーが少ない。
千葉でも銚子とならび海水浴の人もすくない海岸といえるでしょう。

外房に面している海岸のために海の色も濁っていますが、
外海に面しているためカツオやアジなど漁獲量は豊富な漁師町ともいえる。
九十九里は民間も公的な温泉では「砂風呂」が有名な九十九里海岸です。

銚子は毎年人口が減っている千葉の端っこに位置している。
漁獲量が多く有名な銚子は波が荒く高い、海も濁っているので海水浴場としては人気がない。
砂浜も広いためアサリやハマグリの地としても有名です。

漁師町として栄えていたため他の産業もない。
そのなかでも大量旗の染本の「小澤染工場」が日本でも有名です。
銚子電鉄の「ぬれ煎餅」が季節の復活としてメディアでも広く取りあげられています。

2.ひたちなか市の「那珂湊おさかな市場」

1年を通じて花々が咲き乱れる全国でも有名なひたち海浜公園。
観光雑誌やテレビやメディアで取り上げらるひたちなか市は、海も近く大洗にある那珂湊おさかな市場は新鮮でおいしいお店がある。
静岡や南房総などの市場と比べても価格が安く評判です。

「那珂湊海鮮丸」「海鮮処海門」「海鮮すし海門」の3店はすしや海鮮丼は安くて新鮮でお魚のてんこ盛り丼です。
観光雑誌やテレビやメディアで取り上げら
静岡や南房総などの市場と比べても価格が安く評判です。

人気のメニューがホームページで見ることができます。ホームページはこちら

 

 

マンスリークーポン
ネット予約