ポタニカルとオーガニックとヘッドスパ

2018.09.14

時代はいやしが美容のテーマのメニュー設定

1.オーガニックヘアとポタニカルの相違 2.オーガニックヘアとポタニカルのファンは存在する

オーガニックとは、有機栽培とい意味です。言葉だけをとらえると髪や体によさそうな印象があります。
ポタニカルとは植物由来という根源に意味で、ヘアケアからインテリアまで幅広く使われています。
日本の美容の薬剤の定義でははっきりとして線引きはされていません。

ヨーロッパ(オーガニック団体)やアメリカ(アベダ)などは、有機栽培にこだわり厳しく規定を定められています。
日本のオーガニックのあいまいな見識で、国際的に認可されている団体がありません。
そのため国内はイタリアのオーガニック団体『ICEA』から、認可されているミルボンののヴィラロドラ。

アメリカに本社があるアヴェダが、日本国内のヘアサロンでは流通量が多い。
良いものイメージがそのままオーガニックやポタニカルの認識があるようです。

1.オーガニックヘアとポタニカルの相違

前文でも説明したようにオーガニック「有機栽培」、ポタニカルが「植物由来」という認識です。
オーガニック団体の認識は、化学肥料や農薬を使わず栽培する。
3年以上の化学肥料や農薬を使わず、農地で栽培していることと定義ずけられています。

まず化学肥料や農薬を使わずに栽培することです。
さらに3年間は化学肥料や農薬を使用していない農地で栽培する必要があります。

ポタニカルはもっとヘアケア内に配合される植物エキスや、
ファッションやインテリアなどの植物のイメージ柄や、雰囲気を感じられる場合にも使われます。
オーガニックもポタニカルも体によい、安全のイメージを連想されます。

2.オーガニックヘアとポタニカルのファンは存在する

いずれもヘアケアとして確実に存在し、自然派のヘアケアとしてイメージがある。
ただ、メリットばかりではありません。植物由来や体によいものとはいっても、
人にもよりますが、アレルギー反応を起こす人も多く、刺激もなく洗浄力がない、

髪通リがギシギシするなど、デメリットがないわけではありません。
使う人の感じ方やイメージに傾く商品でもありますが、メリットも大きく自然派のサロンケアです。
こだわりがいまの流通量のすごさが物語っています。

オーガニックやポタニカルのヘアケアに、ヘッドスパを関連しストレスなどを解消する。
ヘッドスパは髪の栄養というより、ヘッドマッサージによって得られる、肉体的な疲れや、精神的ないやしを目的としています。
ヘアサロンでヘッドスパが支持されることも理解できます。

 

 

マンスリークーポン
ネット予約