岐阜県の中津川の「馬籠宿(まごめ)」長野側の「 妻籠宿(つまごじゅく)」

2018.09.20

BBC放送で旅番組で紹介され世界中から観光客が集まる

1.歴史と文化や自然を1度に感じられる「中津川 」2.塩基性ヘアーも種類を使いこなす

外国人は日本人の近代的なビルや建物ではなく、旅の目的である日本(自然・文化)らしさです。
最近イギリス人発の旅番組で紹介され、人気が沸騰し旅のガイドブックにも紹介されたことで外国人観光客が多い。
日本の田舎である田んぼやあぜ道や日本らしい場所や、400年前のサムライが通った中山道に興味があるようですね。

歴史」「自然」「建築」など日本人特有のもの、自然な田舎の風景や建物に情緒を感じる。
中山道の宿場町は歴史をタイムスリップし、旅の思い出にしたれ日本人らしさを感じらることが人気の原因でしょう。

1.歴史と文化や自然を1度に感じられる「中津川 」

中津川の「馬籠宿(まごめ)」には古い酒屋の屋根には、防火用の身分の象徴(裕福な家にしか設けられない)ともいわれている。
「うだつ」が見られます。あの人はうだつが上がらないとも言われますが、ここで生まれていると言われています。
中仙道は京と江戸をつなぐために整備された五街道のうちの一つ。

この道を通る人のために整備された43番目の宿場町。
時代劇の舞台でよく使われる宿場町はここを再現されたものです。
ロマンを感じますね400前のお侍さんや町民など利用したわけです。

2.中仙道42番目の「 妻籠宿(つまごじゅく)」

隣接する「馬籠宿(まごめ)」とは県境に接する8キロの距離につながれていて、
イギリスの旅番組に紹介されたのがきっかけで、最近になって外国人観光客が押し寄せる人気スポットに。
8キロの間は山々の参道に自然や400年前の家が再現され、山道周辺の川や滝などの原生林など大自然を味わえます。

 

 

 

 

 

 
 

 

マンスリークーポン
ネット予約