国内にあるヘアカラー剤メーカーの特色

2018.10.31

国産のメーカーと海外のメーカーのちがい

1.ウエラは開発資金に億単位で商品開発 2.国内メーカーは日本人に合った商品

長年にわたって国内メーカーでもあるウエラを使ってきて、商品の良さはある程度は理解していましたが、
この数年で国内のヘアラー剤も個性のある商品が多く、あるジャンルにあったヘアカラー剤を販売しています。
海外のウエラやロレアルはシンプルなヘアカラー剤をつくり、国内はブリーチや彩度のこだわったタイプで独自性を打ち出しています。

2.ウエラは開発資金に億単位で商品開発

海外のウエラやロレアルは化粧品の研究開発費に億単位の額を使って、新しい商品ヘアカラー剤を作っています。
そのため安全性はもちろん色や彩度など、ヘアカラーの生命線である部分は品質が高い。
日本メーカーはそんな点では劣っているため、海外のヘアカラー剤を参考にし日本人の髪にあった商品を開発しています。

コレストンのヘアカラーの良さは髪への浸透性と彩度に、アルカリ臭は蒸発のためお客さまも抵抗を感じる人もいます。
仕上がりの色は毛髪内に浸透するためムラも出にくい、均一に染まり色も寒色と暖色も表現できます。
薬剤の操作性もよく1剤と2剤の混ざりもスムーズです。デメリットはやや自然な色が出にくい点です。

メリットは赤味が出ない点です。ミルボンは自然な色が特色ですが、赤味がコレストンに比べ出てきます。*(日本メーカーのデメリット)
ウエラやロレアルは彩度と色の浸透がよく、鮮やかな色が出るのでそういう面では優れています。
国内メーカーの良さもありますが、自社の研究所や研究開発費にかける金額が国内メーカーとのちがいです。

2.国内メーカーは日本人に合った商品

国内メーカーは海外メーカーがなかなか手が出せない、隙間の商法であり個性のある分野でのヘアカラーが多い。
LePOLISSAGEル ポリサージュ/デミコスメティクスは、日本で初めて「グロス染料」を髪の周り(リングのような)を作り発色する。
刺激が弱くアルカリや過酸化水素などは使わないため、肌の負担も軽く刺激もなく臭いもすくない。

白髪などにも弱いが染まるのでアトピー性皮膚炎に人や、マニキュアヘアカラーの人など新しい人に向いています。
マニキュアや塩基性ヘアカラーに近いため、染料分子は大きいので、ムラのないツヤ感のある仕上がりが表現できます。
特色として彩度の高い色が実現し、白髪の人にもうっすらと色も入る。

明るさよりも鮮やかさに発色させる、既毛専用の染毛の弱アルカリヘアカラー。プロマスターEXピグメント(80g)ホーユー
ホーユーのアルカリヘアカラーのプロマスターとの連携で使えるプロマスターEXピグメントです。
既存毛に作用する理由は髪にやさしく、リフトアップは作用しないかわりに、色味を増すカラーコントロールの役割を担う。

カラーチャートの種類も多いので色の高度なミックスに使う。

ジアミンフリー・ノンアルカリ・界面活性剤やシリコンフリー。香草ヘアカラー色素/ランドブラニングアソシェーツ全6色。
天然植物ナンバンアイとヘナをメインにつかう。天然成分にこだわり髪にも肌にもやさしい色葉。
いま日本にあるヘアカラーの中でもこだわりのあるパッケージや、商品名がインパクトが強いヘアカラー剤。

スタンダードなヘアカラー剤はしっかり均一に、外資系のヘアカラー剤がおすすめです。
国内のヘアカラーはブラウンを自然な色合いは、ミルボンのオルディーブの寒色系のヘアカラーがキレイです。
オーガニックや色の微妙なコントロールは国内メーカーがおすすめです。

マンスリークーポン
ネット予約