メンズパーマの巻き方と種類

2019.01.09

スタンダードパーマではなくデザインパーマが多いメンズ

1. ピンパーマのねじりパーマや円錐ロッドを使う 2.デザイン通リに巻くショートスタイル

スタンダードな巻き方はビジネスメンズヘアであるビジネスヘアが多い。
平面的で動きが少なく髪の流れも単調で、たいしてピンパーマや円錐ロッドや巻き方を変えるヘアは動きが出てきます。
カットは削ぎが基本で巻き方や水スプレーの処置など、薬剤の選び方や中間水洗なども大切です。

巻き方もメンズパーマをつくるうえで大切な要素ですが、ヘアデザインをベースにスライスや角度を決定します。
テンションはあまり入れなくてもいまのパーマ剤はかかるので、デザインベースにもとずいた巻き方に工夫が必要です。

1.ピンパーマのねじりパーマや円錐ロッドを使う

ショートパーマの場合は美容学校の基本巻きを使うことはほとんどありません。
理由は初めに説明した通リ、平面的な動きになってしまい、動きや軽さを出さないからです。
ショートの場合はロッドが細くなってクルクルになるので、円錐ロッドやピンパーマが効果を発揮します。

パーマの巻き方でも注意する必要があります。ピンパーマはただ巻いただけでは、すぐパーマがとれてしまうからです。
理由は初めに説明した通リ、平面的な動きになってしまい、動きや軽さを出さないからです。
ショートの場合はロッドが細くなってクルクルになるので、円錐ロッドやピンパーマが効果を発揮します。

ピンパーマの注意点
理由は初めに説明した通リ、平面的な動きになってしまい、動きや軽さを出さないからです。
ショートの場合はロッドが細くなってクルクルになるので、円錐ロッドやピンパーマが効果を発揮します。

ピンパーマの回転数によってカール感のちがいを生む、1回転から2回転はカールが弱すぎてしまい、
2回転半がちょうどよい感じのカールが出てきます。2回転半以上はカールが細かすぎるのでクルクルに。
ねじりピンパーマ+ロッドをプラスしてもいいでしょう。

円錐ロッドやスポンジロッドを使う
ロッドのよう硬い場合とはちがう質感が得られる、スポンジロッドは弾力性も富んでやわらかさが出てきます。
頭のカタチからボリューバランスが合うようパーマ施術しましょう。

2.デザイン通リに巻くショートスタイル

ショートベースのスタイルはカットのつながりから、重みや軽さ動きなどを表現します。
カットベースからシルエットを計算しボリュームや、毛先の方向性などデザイン通リにロッド巻きする必要があります。
パーマ剤もしなやかな質感のシステインに、スパイラルのようなカールのシステアミンなどデザインを考え選択。

均一にかかるよう中間水洗を施しパーマの持続性を高めます。
メンズはややレディースに比べ直線的なシルエットが多く、女性は丸みを生かしたヘアデザインが多い。
パーマは道具にもこだわり、円錐ロッド、スポンジロッド、ピンパーマのねじりなど工夫しましょう。

テンションも力はあまり入れなくてもかかる。スライスの厚さはバランスや方向性を重視し、
角度のバラツキやペーパーの折らないように気をつける。髪を乾燥させずに水スプレーを浸透させましょう。

 

 

マンスリークーポン
ネット予約