美容室のSMS集客は成功するのか

2019.02.04

LINE@ソーシャルメディアやショートメールのSMS集客について

1.季節のキャンペーンや新商品紹介ショートメール 2.ショートメールの活用法

セブン-イレブンやローソンなどは2000万人を会員を獲得し、お友達会員などがうまくいった例ですね。
他業種でも成功しようとアイディアを出してみたもののほとんど成功していません。
美容室はその中でも成功している業種といえるかもしれませんが、成功している人はごくわずかです。(現在は100人~300人です)

LINEは電話を通じてお店の情報やクーポンを発信するわけですが、メリットは競争相手の価格を気にしないで決められる点です。
LINEは普段からメールを使用することも多くきっかけはつかめそうです。
LINEの最大のマイナス面は、お友達会員に入り総数もわかってしまい数が少ないと心細い感があります。

その他にはソフトアプリを活用し美容情報やクーポンなどメールで送るシステムです。
ヘアサロンの場合はこちらのアプリ(ショートメール)で使用したほうがいいですね。
顧客を中心に配信できるのと会員数がわからないですから、LINEの場合は外部で数もわかってしまいますし活用するのがむずかしい。

1.季節のキャンペーンや新商品紹介

おもにお客さまに配信する内容はヘアサロンの新メニューや、新商品の紹介からお試しクーポンなどです。
年間に4回~8回でクーポンはヘアサロンのサービスによって変わりますね。
当サロンもアプリでお客さまにメールサービスを実施したこともありますが、

メンズの一部のお客さまやクーポンに興味がある人だけです。
SMS(お客さまの電話番号にショートメッセージを送ること)は限定的な顧客の人が対象です。
新規のお客様さまをターゲットには向いていません。

本気で取り組んでみてもショートメールだけで来店につなげるのは困難なようです。
美容の場合は待ちの業種のため、積極的な外部の宣伝にsmsは美容情報やサロン情報が効果的です。
集客のためのツールとして活用する方法がヘアサロンには向いています。

2.ショートメールの活用法

クーポンサービスを行う場合は他店との競合ありませんので、お客さまにはメリットがsmsに魅力があります。
若い顧客の人には抵抗なく受け入れられるメリットはありますね。普段からスマホを操作しているので着信メールは目を通しやすい利点があります。
ただ、美容室の場合は待ちの商売のためメールを送るより、口コミでお客さまの拡大を図ることが大切です。

コストがかからない点がメリットです。チラシや新聞折込に比べ費用が少ない魅力がsmsにはあります。
あとは管理しやすいですね。エクセルを使いお客さまを色分けし整理することで、来店頻度や来店サークルなど一目でわかる点です。
ほとんどのsmsツールにはお客さまを分析するツールが組み込まれています。

ソフトを導入するのも費用はそれほど高いものではなく、無料のアプリを使うことも可能なので費用は少なくても済みます。
お客さまの顧客名簿さえあればLINEやソーシャルメディアを頼らなくてもいいですし。
smsを活用方法はショートメールで発信する方法がいいと思います。

●個人的なコメント
美容室でのsmsの活用は美容情報や新商品のお知らせが活用できます。
クーポンでのサービスは顧客の方が中心なので、安易に発信するのは効果が半減しますね。

マンスリークーポン
ネット予約